「iPhone 14」のインカメラは初めてオートフォーカス対応、より暗所に強くなると著名アナリスト



» Appleが「iPhoneを終わらせる」衝撃シナリオ




2022年に発売される見込みの「iPhone 14」シリーズのインカメラについて、著名アナリストのミンチー・クオ氏がリークしています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Cult Of Mac ,@mingchikuo ,@aaple_lab

「iPhone 14」シリーズはオートフォーカスに対応、F値も低くなるとのリーク


クオ氏によれば、「iPhone 14」シリーズの前モデルには、オートフォーカス(AF)に対応したインカメラが搭載されるとのこと。

2H22年の新型iPhone14の4モデルのフロントカメラは、AF(オートフォーカス)&開放F値1.9程度にアップグレードされそうです(iPhone13のFF(固定焦点)&F値2.2に対して)。

さらに、インカメラはF値が低くなるそうです。F値が低ければ低いほど、より明瞭な写真を早いシャッター速度で撮影することが可能となります。

AF対応と低F値化により、自撮り/ポートレートモードでの浅い被写界深度効果を向上させることができます。さらに、AFはFaceTime/ビデオ通話/ライブストリーミングのフォーカス効果も高めることができます。

つまり、被写体の前後がぼけ、主役がより引きたったエモい写真がインカメラでも撮れるようになること。なお、オートフォーカス機能は、FaceTimeなどのビデオ通話、配信でも使用可能だそうです。

「iPhone 14」シリーズのカメラのアップグレードはこれだけではありません。特にProモデルは、初めて48MP解像度のカメラを搭載するとのウワサ。


実現すれば、約7年ぶりのカメラ解像度の向上となります。ただし、その分カメラの飛び出しはより大きくなるとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!