iPhoneはiOS 16アップデートでこうなる?常時点灯モードやマルチタスク機能などを搭載したコンセプト



» 200兆円を超える巨額マネーが動く!「仮想通貨」世界の交換所・取引所ランキング(2022年5月版)




2022年内にリリースされる見込みの「iOS 16」のコンセプトを、@aaple_lab氏が公開しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Behance ,@aaple_lab

常時点灯モードなどを搭載したiOS 16のコンセプト


iOS 16は、来月6月のWWDC2022で初お披露目される見込みです。これに先駆けて、@aaple_lab氏は予想コンセプトを「Behance」にて公開しました。


ウィジェットは再設計され、ひと目でより多くの情報が確認できるようになっています。ウィジェットはホーム画面に様々なサイズから選択し、好きなように配置できます。


さらに、マルチタスキング機能も搭載されています。Dockから2つ目のアプリを開くことができ、分割した画面で操作することができます。更新されたアプリスイッチャーで、アプリ一覧に戻ることもできます。


ホーム画面には横向きモードが追加。iPhoneを横向きにすると、縦画面と同じ配置のままアプリの向きが変わります。


iOS 16では、再設計されたコントロールセンターをカスタマイズすることも可能です。例えば、音声メモのショートカットを追加したり、ホームコントロールを追加したりすることができます。


待望の常時点灯ディスプレイも追加。スリープ状態でも常に時刻を確認できるようになっています。


これらの機能はあくまでコンセプトであり、本当に搭載されるものではありません。実際の機能はiOS 16の発表までのお楽しみといったところです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!