WWDC2022:iOS 16やMacBook Airなどの噂・リークまとめ!新製品は登場する?開催はいつ?



» スティーブ・ジョブズが会社の命運を「トイ・ストーリー」に賭けたワケ




Appleが6月に開催する開発者向けイベント「WWDC 2022」に関する噂やリークを、テック系メディア「MacRumors」がまとめています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,9to5Mac(1) ,(2) ,Zelbo

WWDC 2022の開催日はいつ?「iOS 16」「iPadOS 16」などの噂・リークまとめ


WWDC 2022は6月6日から6月10日の間、開催されます。例年通りであれば、初日の6日に行われる基調講演は、参加登録なしで視聴できるようになるはずです。

このイベントでは、iOS 16、iPadOS 16、macOS 13、tvOS 16、watchOS 9を発表すると予想されています。新しいオペレーティングシステムのアップデートをデビューさせた後、Appleは秋の発売に向けて、開発者にソフトウェアをテスト目的で提供する予定です。

今のところ、発表されるOSのアップデート内容はほとんど明らかになっていません。経済紙記者のマーク・ガーマン氏によると、iOS 16では通知機能が「大幅に」改善されるとのことですが、それが何を意味するのか、現時点では詳細は不明とのことです。


また、現在のリークによれば「iPhone 14 Pro」モデルはノッチではなくパンチホールディスプレイになるため、ステータスバー周辺の変更が必要になるはずです。また、車の衝突検知や緊急衛星機能についての噂もあります。

iPadOS 16に関しても詳細は不明ですが、iPad向けの新しいマルチタスクインターフェイスを計画している可能性があるとのこと。

watchOS 9では、Apple Watchの機能が使い切るバッテリーの量を減らし、バッテリーを長持ちさせる新しい節電モードを導入するようです。現在では、Apple Watchの機能を時間だけに制限するようになっていますが、新しい省電力モードでは、バッテリー駆動時間を短縮しながらも、アプリや機能を使用することができるとのこと。

また、ワークアウトアプリにランニングの種類や指標を追加するほか、既存のウォッチフェイスのデザインが変わるとのこと。その他にもいくつかのヘルスケア機能が更新されるようです。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!