Apple Watchが「長方形」に作られた理由と「丸型がダメ」な根拠



» ガックリ! iPhone 14 Pro Maxのリーク動画を見た「俺の絶望」




Apple Watchには「長方形」のディスプレイが搭載されています。

Appleが、ディスプレイに「円形」ではなく「長方形」を採用した理由について、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,Galaxy公式

Appleが考える、スマートウォッチの存在意義とは?




2015年にAppleがスマートウォッチを発表したとき、多くの人が円形のディスプレイを搭載することを予想しました。

なぜなら、従来の腕時計は円形のデザインを採用していることが多く、そして、以前に発売された「Moto 360」のようなスマートウォッチも円形のディスプレイを搭載していたからです。


しかし、Appleが採用したデザインは「長方形」でした。


Appleが長方形を選んだ理由は、一般的に手首に装着するデバイスをスマートウォッチと呼びますが、Appleはスマートウォッチのことを手首に装着するスマートフォンのミニチュアだと考えたからです。

Apple Watchに表示されるコンテンツのほとんどは、長方形のディスプレイを持つiPhoneから直接送られてきます。


そのため、Apple Watchのディスプレイは、長方形を採用しています。長方形であれば、メッセージなどを、ディスプレイの上部、下部、そして側面まで届くように表示することができます。


一方、ディスプレイが円形だった場合、テキスト、Eメール、カレンダーなどを表示させようとすると、表示や使い勝手において深刻な問題が発生します。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!