イーロン・マスクが警告する「人類文明の崩壊」のタイムリミット



» iPhone価格20万円超えで「スマホが買えない」絶望の時代がくる




テスラやSpace XのCEOであり、世界トップの大富豪としても知られているイーロン・マスク氏が新たなツイートで、「人類文明最大の危機」について警告を発しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:@elonmusk ,CNBC

日本消滅だけではない、イーロン・マスクが危惧する世界の人口崩壊


マスク氏は、アリババ創業者ジャック・マー氏と同氏が対談した動画のツイートを引用し、「人口崩壊こそ文明の最大の危機だ」と再めて指摘しました。

彼が引用した動画の対談は、2019年に行われたものです。2人は人類の未来について語りあい、AIの脅威について語り合っていました。ちなみにマスク氏はAIを危険視していますが、マー氏は楽観的な立場です。

しかし、この2人のCEOの意見が一致したのが、世界が将来直面する「人手不足」についてでした。

対談の中でマスク氏は「ほとんどの人は、地球上の人口が多すぎると考えているが、実はこれは時代遅れの考え方だ」と語り、「AIによる温和な未来があると仮定すると、20年後に世界が直面する最大の問題は人口崩壊だと思う」と指摘しました。


20年後の最大の問題は、人口崩壊でしょう。爆発ではない。崩壊だ。(イーロン・マスク)

これに対しマー氏は「それには絶対に同意する」と返答し、中国の人口について触れました。

人口問題は大きな課題に直面することになる。中国に14億人というのは多いように聞こえるが、今後20年間は、このことが中国に大きな問題をもたらすと思う。そして、人口減少のスピードはさらに加速するでしょう。(ジャック・マー)

マー氏は 「あなたはそれを“崩壊”と呼びましたね」と語ると、 マスク氏は「そう、加速する崩壊」と返答。また、移民による人口過剰を恐れるのは短絡的だとも指摘しています。

海外メディア「CNBC」は、2人の考える「20年後」というタイムリミットは少し早いかもしれないとしつつ、2070年までに世界の出生率が、世界の置換出生率を下回ると予想されていることを挙げました。

また、同メディアが取り上げた調査によると、出生率には大きなばらつきがあるものの、2100年まで「強い人口増加」が見込まれる世界地域はアフリカのみとのこと。ヨーロッパとラテンアメリカの人口は2100年までに減少し、アジアの人口は2055年まで増加するものの、その後減少に転じると予測されています。

マスク氏は最近、日本の人口減少問題についても言及しました。彼は5月8日のツイートで「当たり前だが、このままでは日本はいずれ消滅する」と指摘。このツイートは多くの日本メディアに取り上げられ、話題となっています。

当たり前のことを言うようだが、出生率が死亡率を上回るような変化がない限り、日本はいずれ消滅する。それは、世界にとって大きな損失である。

イーロン・マスクのいう「人口崩壊」は、今まさに日本に迫っている危機の1つです。そして彼いわく、それは日本に限ったことではなく、世界規模での問題なのです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!