スティーブ・ジョブズのこだわり満載の「初代Appleストア」はどんな様子だったのか?


Appleは、世界25カ国に500店以上の「Apple Store」を出店しています。

今回は最初のApple Storeの紹介と、Appleが小売業者として成功するために用いた戦略について、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,wikipedia

日本の建築デザインに影響を受けた初代Appleストアの全貌




今、Apple Storeは毎年5億人以上の来店者を迎えています。そのため、Apple Storeの1平方フィートあたりの収益性は他のどの企業よりも高いです。

しかし、この大きな成功はすべて、小さなことから始まっています。

最初のApple Storeは、2001年にオープンし、場所はバージニア州のタイソンズコーナーセンターでした。


当時のレイアウトとデザインは、私たちが今、見慣れているものとはかなり異なっています。

そこには、黒を基調とした外観に、2つのAppleのロゴがありました。


現在ではAppleのロゴは正面に1つしかありません。そして、初期の店舗で使われていた黒のアクセントは、現在のAppleの店舗デザインには採用されておらず、見ることのできないデザインになっています。

しかし、すべてが昔と変わったわけではありません。当時のApple Storeは、シンメトリー(左右対称)を意識して設計されていました。

これは、日本の伝統的な建築によく見られるデザインで、ジョブズはこれを高く評価し、店舗に取り入れたいと考えていました。

そして、現在のほぼ全てのApple Storeも、シンメトリーを意識して設計されています。


最初のApple Storeには特徴があり、それは一番手前に大きなカウンターがあることです。このカウンターは、お客さんが並んでお金を払う場所です。

入り口付近にカウンターがあるApple Storeは、店で商品を見るために、レジの行列を越える必要がありました。

しかし、現在のApple Storeでは、行列を極力作らないようにするために、このカウンターは採用されていません。


そして、当時のApple Storeは商品があまりありませんでした。なぜなら、2001年当時のApple製品は、「iMac」「Power Mac」「Power Mac Cube」「iBook」「PowerBook」の5つの製品しか販売されていなかったからです。


そのため、5つの製品だけでどうやって広いApple Storeに製品を展示するのかという問題がありました。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!