日本市場でAppleが成功し、サムスンが失敗した決定的理由



» 日本企業の死角。スティーブ・ジョブズCEO時代から「Appleがこだわり続けるデータ」とは?




過去10年間、Appleは「日本」で人気を維持し続けています。

地球の裏側にあるアメリカ企業のAppleは、どのようにして日本で人気を得たのかを、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,wikipedia

なぜ、日本はiPhoneの人気が断トツに高いのか?




日本のスマートフォン市場のAppleのシェアは、65%を占め、これはアメリカを含む他のどの国でも達成されていない数字です。


世界の技術大国である日本は、今までに「ウォークマン」でMP3プレーヤーの時代に火をつけたり「ポケット電卓」「DVDプレーヤー」「デジタル一眼レフカメラ」「ノートパソコン」「ブルーレイプレーヤー」などを発明してきました。

また、日本人は海外の製品よりも自国の製品を好むことで有名です。つまり、ここまでのApple人気はとても奇妙なことです。


Appleが日本でこれほどまでに成功した理由はいくつかあります。

当然、Appleのビジネス戦略が優れていたということもあります。しかし最大の要因は「AppleではなくSamsungが関係している」と「Apple Explained」は独自の推論を立てています。


Appleは、世界のスマートフォン市場でSamsungと何年も争ってきました。現在のシェアでは、Samsungが28%、Appleが27%と拮抗しています。


しかし、日本に目を向けると、Samsungはわずか6%しかシェアを獲得していません。一方、Appleは65%と断トツの人気ブランドです。


Samsungの日本での不振は、2010年に行われた変換システムが関係している、と「Apple Explained」はいいます。

Samsungは「TouchWiz 6.0」というカスタムできるAndroidインターフェースをリリースした際、日本文化に言及をすべて変更してしまったのです。

この影響は、Samsungがデザインした絵文字に特に多く見られました。 Apple、Google、Facebook、Twitterなどの企業は、それぞれのプラットフォーム用に独自の絵文字を自由にデザインすることができます。


そのため、使っているスマートフォンやアプリによって、微妙に見た目が異なります。

しかし、これらの企業が絵文字をデザインする際のガイドラインは「ユニコード・コンソーシアム」という組織によってまとめられています。つまり各社の絵文字の意味は、すべてのプラットフォームで一貫しているということです。


しかし、Samsungの「TouchWiz 6.0」は、この標準を破るという前代未聞の措置をとりました。この結果「TouchWiz 6.0」を使うと、東京タワーの絵文字は、標準的な赤と白のタワーではなく、グレーの別のタワーとして描かれてしまいます。


また、日本の国旗として描かれている絵文字は、韓国の国旗として表示されます。


さらに、日本の人形の絵文字は韓国の人形に変更され、日本地図の絵文字はサポートすらされていませんでした。つまり、友人から絵文字が送られてきても、空白の四角で表示されるようになっていました。


当時韓国との緊張関係が続いていた日本では、このSamsungの仕様がニュースになりました。このことがきっかけで、日本でのSamsungの人気は完全に落ちてしまったと「Apple Explained」はいいます。

そのためSamsungは、日本で不人気なブランドになりました。現在、Samsungは日本で「Samsung」のロゴを使用することを全面的にやめ「Galaxy」という名称を使うようになっています。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!