M2搭載MacBook Airは7月15日発売、小売店関係者からのリーク情報


WWDC22で発表された新型「MacBook Air」。Appleはこのモデルを「7月発売」としていますが、今回、詳細な発売日がリークされています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,Apple

新型「MacBook Air」は発売日は7月15日とのリーク、価格は164,800円(税込)から


新型「MacBook Air」は、前モデルよりも薄くて軽くなった、再設計されたボディが特徴です。Appleによれば、M2チップのおかげで、この薄さにも関わらず最大18時間のバッテリーが持つとのこと。

デザインは完全に一新され、ノッチを搭載した画面に。ベゼルやキーボードの部分もProモデルと同じく黒になっています。


13.6インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載し、ベゼルは薄くなりました。カメラの画質は1080pに向上。従来のAirの2倍の解像度と低照度性能を備えています。

カラーはシルバー、スペースグレイ、スターライト、ミッドナイトブルーの4種類です。


新たに搭載されたM2チップは、より電力対性能が向上し、同じワット数で18%高いパフォーマンスを発揮するようになりました。


Apple専門の米メディア「MacRumors」が小売店関係者から得たとする独自情報によると、M2チップを搭載した新型「MacBook Air」は、7月15日(金)から販売される予定とのこと。これは米国からの情報ですが、基本的には日本での発売日も変わらないはずです。

iPhone 13など他Apple製品の傾向を見る限り、この情報が正しければ、一週間前の7月8日21時から予約開始、15日に発売になると考えられます。ただしあくまで噂ベースのため、全く異なる可能性があることには注意が必要です。

新型「MacBook Air」の価格は164,800円からで、最も高い構成は348,800円(いずれも税込み)となっています。また、旧モデルのM1搭載「MacBook Air」も残されており、134,800円(税込)で販売されています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!