FaceBook・Instagramアプリでリンクを開くと「個人情報がダダ漏れになる」と専門家が指摘


FaceBookやInstagramといったアプリに搭載されたブラウザの問題点について、アプリのビルドツール「fastlane.tools」の開発者であるフェリックス・クラウス氏が警告しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:Cult Of Mac ,kausefx

「サイトにJavaScriptコードが注入される」InstagramがついたiPhoneの抜け穴


Instagramのアプリで外部ウェブサイトへのリンクを押すと、基本的にはSafariではなくアプリ内のブラウザで開かれます。クラウス氏によれば、Instagramのアプリでリンクを開くと、表示されるすべてのウェブサイトに自社のJavaScriptコードを注入するとのこと。

同氏によれば、これによってアプリは「ユーザーのパスワードやアドレスなどのすべてのフォーム入力からタップひとつまで、外部ウェブサイトとのやりとりをすべて追跡することができる」そうです。

これは、プライバシーが強化され続けているiPhoneに残った抜け穴のようなものです。iOS 14.5で導入されたApp Tracking Transparency(ATT)により、アプリは、他社が所有するアプリケーション間でユーザーのデータをトラッキングする前に、ユーザーに許可を得ることが必要になりました。Metaはこの変更により、100億ドル規模の大きな損失を受けることになると表明しています。

また、SafariはすでにサードパーティのCookieをブロックしており、Chromeもそれに続く予定です。クラウス氏は、このようにプライバシーコントロール機能が強化されていく中「Instagramが外部ウェブサイトのすべてのウェブトラフィックを監視することに興味を持つ理由は明らかだ」と指摘しています。

テック系メディア「Cult Of Mac」はこの追跡から逃れる方法についても解説しています。FacebookやInstagramのiPhoneアプリでウェブリンクをクリックすると、必ずアプリ内ブラウザで開かれます。しかし、2回ほどタップするだけで、このブラウザから移動することが可能です。

Metaのブラウザを開いた状態で、右下を見ると、小さな3点のメニューがあることが分かります。この3点メニューをタップすると、その中に「ブラウザで開く」というオプションがあります。


これを選択すると、ユーザーがデフォルトに設定しているSafariやChromeといったアプリに移動することができます。

また、通常のアプリではなくウェブ版アプリを利用することも、Metaの追跡から逃れる手段の1つです。一部の機能に制限はありますが、ほとんどの機能はウェブ版でも使うことができます。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!