Amazonが筆頭株主を務める「Rivian」という電気自動車メーカーは何が凄いのか?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。


テスラに続いて、独特な戦略で成長してきた電気自動車メーカー「Rivian」。同社は、テスラ以外の電気自動車のスタートアップの中でおそらく最も支持されている企業です。

そんなRivianも、インフレと景気後退の懸念により、株価を大きく下落させています。しかし、Rivianが簡単に潰れることはないでしょう。その根拠ともいえるのが、同社の後ろ盾となっているAmazonとの強力な結びつきです。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:CNBC ,Rivian

「Rivian」と「Amazon」との関係とは?


Rivianは2009年に立ち上げられました。まだ誰もその存在を知らないうちに、数年前から存在していたのです。Rivianは、自動車産業からエンジニアやデザイナー、プロジェクト担当者を雇い入れました。

Rivianは持続可能な社会をめざしているという点ではテスラと似ていますが、ユニークなのは、米国で需要が高まりつつあるSUVとピックアップトラックに焦点を当てている点です。そのため、Rivianは、1台も出荷しないうちに、フォードとAmazonから大規模な出資を受けることになりました。

さらに2021年11月にRivianが上場したとき、それは米国史上最大のIPOの1つとなりました。そして、上場したことによってRivianは大量の資金を調達しました。自動車ビジネスで成功させるためには、この資金がすべてです。

同社は6月末時点で、約154億6000万ドル(約2兆円)の現金および現金同等物があるといわれています。これは、大手自動車メーカーレベルの蓄えか、それに近い金額です。そのため、Rivianはここから先、ある程度うまくいかなくなったとしても、2025年まで持ちこたえられると言われています。

フォードが最初にRivianに投資したとき、その意図は「Rivianとプラットフォームを共有すること」「2社間でより多くの製品コラボレーションを行うこと」でした。フォードがRivianにしたことは、生産支援です。

一時期、フォードの生産部門の責任者がRivianの役員を務めていました。Rivianと一緒に製品を作ろうという話になっていたのです。しかし結局、その計画は中止されました。なぜなら、CEOのジム・ファーレイが「自分たちでやる」と決めたからです。

ところが、Amazonとの提携は、Rivianにとって別の大きな意味を持ちました。Amazonの規模が大きくなったことで、Rivianのバンがあちこちで利用されるようになったのです。

AmazonはRivianの「EDV700」による配送を開始しています。Rivianは、ドライバーやAmazonのチームからフィードバックを受け、バンを電動化するだけではなく、運転体験、車両の安全性、車両の使い勝手などを改善しました。

Amazonは、現在、米国の12都市でこのシステムを展開し始めています。年末までには、米国の主要100都市で、数千台の車両が100万人以上の客に荷物を届けるようになるでしょう。

この9カ月ほどの間、プロトタイプを作り、Amazonがそれを叩いて、また戻ってくるというように、さまざまな変化を遂げました。そして、こうして、特定のニーズを持つ顧客のための、車両が開発されるのです。

2種類のサイズがあるこのバンは、Amazonが2040年までに実現しようとしているゼロ・エミッション(環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しないエンジン)の配送車両を導入するという目標を達成させるための車両となります。

同社は現在、Amazonのラスト・マイル・フリート用に2030年までに10万台のカスタムメイドのバンを製造するという、過去最大の電気配送車の受注を受けています。Rivianにとって最大のメリットは、スケールを得られることです。自動車産業にとって、コストを下げるために大量生産することは非常に重要なことです。

Rivianは、2021年末に最初の車両である「R1T電気トラック」を発売しました。その後、生産規模を拡大し、今年末には同じプラットフォームを使ったSUV「R1S」の出荷を予定しています。


R1Tには400社以上のサプライヤーから供給された2,000以上の部品が使われています。部品をすべて同じ速度で、適切な場所に、適切なタイミングで、適切な順序で生産・供給することは、非常に複雑なプロセスです。

そのため価格は73,000ドル(約1,000万円)からと高額です。しかし、Rivianの自動車には需要があります。2022年第2四半期決算で、R1Tの純予約台数は約9万8000台を超えます。

生産に至るまでの道のりは長く険しいものでしたが、Rivianには大きな支援がありました。Rivianは、2019年にAmazonから7億ドル(約1,000億円)、その数カ月後にフォードから5億ドル(約700億円)を受け取っています。

最終拠点からエンドユーザーへの物流サービスであるラストワンマイル配送は、EV技術の有望な分野と考えられています。充電の観点から見ても、一日の始まりと終わりが同じ場所にあるような固定された場所に充電スペースを設置することで、より簡単に解決することができます。

その他にもアップタイム、メンテナンスコストの低減も期待できます。また、部品が少ないため、時間が経つにつれてメンテナンスコストが安くなることも期待できるでしょう。

Rivianは、カメラやフリートシステムなど、通常はアフターマーケットで追加される技術を統合することができました。本来、車両を改造し簡単に装着できるようにするには、まったく別の種類の産業が必要です。つまりAmazonとRivianは、この車両を実現するために協力しているということです。

Rivianは、Amazonのバンをサポートするために、サービスカーを移動させて出動し、現地で車両を整備できるようにしようとしています。また、Amazonの場合、配送センターやフルフィルメントセンターの場合もあります。

Amazonに限らず、消費者直販モデルを持つすべての企業にとって、これは大きな課題です。Amazonはパートナーであり筆頭株主であるため、Rivianの施設だけではなくAmazonの施設でも車両を整備するよう、協力することになるでしょう。

ただし、サプライチェーンに関する課題は依然として残っており、Rivianは消費者向けEVの価格を引き上げ、2022年の納車目標を5万台から2万5000台に引き下げることを余儀なくされました。コストは膨らみ、第2四半期決算では17億ドル(約2,300億円)の純損失を計上し、通年ではこの数字が54億5000万ドル(約7,500億円)に拡大するとの見通しです。

2万5,000台の生産目標を達成するためには、ペースを上げる必要があります。上半期の生産台数は7,000台しかありませんでした。2つの生産ラインで生産される4台のクルマを、世界的なパンデミックや供給難の中で完璧に管理することは困難なことでした。

今年の残りはAmazonの大量注文に応えながら、目標を実現しなければなりません。ただ、Amazonとの10万台の契約は、当初の予想や実際の契約よりも、もう少し早く到達する可能性が高いです。


R1車両の納入が進み、Rivianは次の製品開発に照準を合わせています。新たなR2は、ジョージア州に建設中の新工場で生産される安価なモデルで、小型SUVと予想されています。Rivianは、もっとスケールアップするためにジョージア州に第2工場を建設しようとしています。

Rivianは、十分なキャパシティがあれば、このタイプのバンを他のあらゆる配送会社に販売することができると考えています。Rivianが成長を続けるためには、Amazonだけではなく、もっと多くの企業に広げていく必要があります。

しかしRivianは、労働者の解雇など、いくつかの削減も始めています。Rivianはある意味、急速に成長しすぎたのかもしれません。今年の初めには、株価が下がり景気もよくないため、支出を少し減らしコストをもう少し厳しく管理するつもりだと発表しました。

これからは、Rivianは競争の激化と戦わなければならないでしょう。しかし、同社にはトレジャー志向を中心とした強いブランド性があります。Rivianの生産が順調に進めば、これからもっとRivianのバンを多く目にするようになるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

マックスむらいの最新ドッキリ動画

目次