iPhone 14のバッテリー容量が中国データベースから判明。最も駆動時間が長いモデルは?【Plus/Pro/Pro Max】


発売前の「iPhone 14」シリーズのバッテリー容量について、テック系メディア「MacRumors」が中国の規制データベースから入手し、公開しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,Apple

iPhone 14シリーズでバッテリー容量が最も大きいのはPlusモデル


「MacRumors」によれば、iPhone 14シリーズのバッテリー容量は以下の通りです。

  • iPhone 14:3,279mAh
  • iPhone 14 Plus:4,325mAh
  • iPhone 14 Pro:3,200mAh
  • iPhone 14 Pro Max:4,323mAh

同メディアによれば、このデータベースからは、昨年発売されたiPhone 13シリーズや、14インチと16インチのMacBook Proのバッテリー容量が正確に判明しているとのこと。Appleは製品のバッテリー容量を公には明かしていませんが、このデータの信ぴょう性は高いといえるでしょう。


iPhone 13シリーズと比較すると、iPhone 14の4モデル中3モデルはバッテリー容量が大きくなっていることが分かります。例外としてiPhone 14 Pro Maxのバッテリー容量は、iPhone 13 Pro Maxよりも若干小さいようです。

  • iPhone 13 mini:2,406mAh
  • iPhone 13:3,227mAh
  • iPhone 13 Pro:3,095mAh
  • iPhone 13 Pro Max:4,352mAh

Appleは、iPhone 14の4モデルすべてが「終日バッテリー駆動」を特徴としていると主張しています。Appleの技術仕様によると、iPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxモデルは、同等のiPhone 13モデルと比較してオフラインでの動画再生時のバッテリー駆動時間が、最大で1時間長くなっています。

またAppleによると、iPhone 14 PlusはこれまでのiPhoneの中で最も長いバッテリー駆動時間を特徴としています。同モデルは一回の充電でオフラインでの動画再生が最大26時間、ストリーミングビデオ再生で最大20時間、オーディオ再生で最大100時間のバッテリー駆動時間を実現しているとのこと。

これらのiPhone 14シリーズは9月9日から予約受付が開始されており、9月16日に発売される予定です。ただしiPhone 14 Plusのみは例外で、10月7日から発売される予定となっています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!