ChatGPTは「恐ろしい間違いを犯す」Apple創業者スティーブ・ウォズニアックの警告

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏が、海外メディア「CNBC」のイベント「Squawk Box」で、チャットAIについて自分の考えを述べています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:CNBC(1) ,(2) ,The Verge ,Ars Technica


» 関連:10万円超え案件だらけ「ChatGPT」「DALL·E 2」などのAIを使ってだれでも稼げる「Fiverr」がバブル状態!

目次

スティーブ・ウォズニアック氏が指摘するAIの根本的問題


ウォズニアック氏は、脳を模倣するような技術には普段から嫌悪感を抱いているものの、話題となっているチャットAI「ChatGPT」については「かなり印象的」で「人間にとって有用」だと述べています。

しかし賞賛の後には懐疑的な意見も続けました。彼はこれらのAIについて「恐ろしい間違いを犯すことがある」と指摘しています。

困ったことに、それ(AI)は私たちのために良いことをしてくれるのですが、人間らしさとは何かを知らないために、恐ろしい間違いを犯すことがあるのです。

ウォズニアック氏は、同様の懸念を持つ技術開発として、自動運転車も挙げています。彼いわく「人工知能は現在のところ人間のドライバーに取って代わることはできない」とのこと。理由としては「人間を知っているからこそ、自分が車を運転している時に、他の車が今何をしようとしているのかが分かるのだ」としています。

ウォズニアック氏の警告がどこまで正しいかは分かりませんが、「AIが間違いを犯す」ことは事実です。実際、Googleが開発しているチャットAI「Bard」は、広告のデモで間違った回答をし、同社の株価は大幅に下落しました。

また先日には、チャットAIを搭載したマイクロソフトの新しい検索エンジン「Bing」も、発表の翌日にプロンプト・インジェクション攻撃によって「秘密の設定」をバラしてしまっています


大規模言語モデルがどのように機能しているのかは、いまだに謎の多い部分です。開発者がAIに「人間のような倫理観」をもたせることに苦戦しているという意味では、ウォズニアック氏の警告は正しいと言えるでしょう。。

しかしウォズニアック氏は「ChatGPT」の技術は、プログラム言語を説明したり、履歴書の大枠を構成するなど、「人間らしさ」が必要ない分野では確実に人間の役に立てる、と語っています。付き合い方をうまくすれば、AIは非常に便利なものとなるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次