Google「Pixel 8 Pro」デザインがリーク、謎パーツの存在が明らかに

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Google「Pixel 8 Pro」のリークを基にした予測CGを、テックメディア「SmartPrix」が公開しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:smartprix ,9to5Google ,@OnLeaks

目次

Google「Pixel 8 Pro」の予測デザイン


今回の予測CGは、著名リーカーのスティーブ・H・マクフライ氏(@OnLeaks)と「SmartPrix」の協力によるものです。CGのベースは、リークされたCAD(設計図)とのこと。

全体的なデザインは「Pixel 7」シリーズに似ていますが、いくつかの変更点も見られます。

ひとつは、曲面ディスプレイを廃止したようにみえる点です。Googleシリーズ2作のProモデルは、ディスプレイの両端がカーブしていますが、予測CGではそれがなくなっています。ただしテックメディア「9to5Google」は。CADからのレンダリングではこのようなディティールは間違っていることもあると注意しています。


なお、マクフライ氏によれば、「Pixel 8 Pro」のベゼルは光の反射上太くみえますが、実際には細いとのこと。

そして注目すべきは、「Pixel 8 Pro」のカメラバーです。前モデルと同じトリプルカメラ配列を採用していますが、今回は3つのセンサーがカメラバーの同じ大きさの切り欠きにまとめられています。さらに右側には、謎の4つ目のセンサーが設置されています。


このセンサーが何をするものなのかは、今のところ不明です。「9to5Google」は、サムスンが「Galaxy S23 Ultra」で提供しているような優れたオートフォーカスシステム、またはマクロセンサーや深度センサー、あるいはLIDARセンサーの可能性もあると予測しています。

「Pixel 8 Pro」の寸法は162.6×76.5×8.7mm。「Pixel 7 Pro」の162.9×76.6×8.9mmより若干小さいサイズです。ディスプレイサイズについては、6.52インチ程度とされています。

「Pixel 8 Pro」は、ほぼ確実にTensor G3プロセッサーを一緒に搭載して今年後半にデビューすると予想されています。標準の「Pixel 8」にもこの謎の新センサーが搭載されるかどうかは不明ですが、こちらのモデルはより小さくなると予想されています。

◆ 関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次