【ついにドラマ化】映画版ハリポタ俳優のオススメ出演作品。あのキャラクターの意外な姿も!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

世界中に壮大な魔法をかけた「ハリーポッターと賢者の石」。公開されたのが2001年なので、当時ハリーたちと同年代だった人もアラサーになり、そろそろ魔法が解けてきた頃かもしれません。映画を通じて私たちに夢を与えてくれた魔法使いたち。そんな彼らのちょっと違う一面も見て見たくありませんか? 

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています

目次

目次

1:魔法少年から一新! ダニエル・ラドクリフ

主人公ハリーポッター役のダニエル・ラドクリフ

数多くの子役がオーディションに参加しましたが、主役を射止めたダニエルはまだまだ駆け出しの役者でした。

製作スタッフの感じた「この子だ!」という直感は間違っておらず、結果的に映画は大ヒット。

もしも役者が違えば、映画の興行成績も変わっていたかもしれませんね。

そんなダニエルですが、シリーズ終了後は「脱・ハリーポッター」を目指して色んな役に挑戦しているんです。

中でも異色のバイオレンス作品を紹介します。あの可愛い少年のこんな姿、誰が想像したでしょうか?

匿名アンチに天罰が! 強制参加のデスゲーム 

「ガンズ・アキンボ」

2021年公開。魔法の杖から拳銃に武器を持ち換えたダニエルが、自業自得の理由でデスゲームに参加させられるアクション映画です。

倫理観0のデスゲーム

犯罪者同士を殺し合わせるデスゲーム「スキズム」が大流行。

主人公のマイルズは毎日のように、SNSにスキズムのアンチコメントを書き込んでいました。

それに怒ったスキズムの主催者がマイルズ宅に突撃! 両手に拳銃をネジで固定され、「指定時間内にターゲットの女を殺さないと、お前が死ぬ」と宣告されるのでした。

手には2丁の拳銃、寝起きのパジャマ姿で大暴れ!

髭も剃らず、髪もボサボサ。おまけに服はバスローブ一枚。

明らかに寝起きみたいな恰好なのに、両手に拳銃という物騒な状態で、マイルズは街中を暴れまわります。

もしもホグワーツ在学中にハリーがグレていたら、こうなっていたかもしれません。

2:映画界に咲く大輪の花 エマ・ワトソン

ハリーポッターシリーズのヒロインといえば、才色兼備のハーマイオニー

その頭脳と機転を活かして、ずっとハリーたちを支えてきた物語の功労者です。

ハーマイオニー役のエマ・ワトソンは、「世界で最も美しい顔」に選ばれるほど、誰もが認める美女に成長しました。

そんなエマが、これまたダニエル同様にグレてしまった映画を紹介します。

実際にあった少女たちによる窃盗事件

「ブリングリング」

2013年公開。2009年に起きた、ティーンの少女集団がハリウッドセレブの自宅に不法侵入し、高価な金品を盗み出した事件を基に製作されています。

パリス・ヒルトンをはじめ、数多くのセレブがターゲットにされ、被害総額は日本円にして300億円以上に上りました。

本作でエマは、少女窃盗団の1人を演じています。

酒にドラッグ、なんでもあり

この映画では、ハーマイオニーのような優等生の出番はありません

自分の欲を満たしたい。その一心で平気な顔をして犯罪に手を染める無鉄砲なティーンたち。

自分の行いが悪い事だとすら認識していない様子には、アメリカ中が怒りよりも驚きを感じたのではないでしょうか。

3;ホグワーツ教師のコンビ マイケル・ガンボンとマギー・スミス

主人公ハリーが通うホグワーツ魔法魔術学校

校長を務めるダンブルドアと、グリフィンドールの寮監マクゴナガル先生は、癖の強い教師陣の中でも比較的優しくまともな人たちでした。

ダンブルドア役のマイケル・ガンボンと、マクゴナガル役のマギー・スミスが共演した感動作を紹介します。

マイケル・ガンボン。2代目ダンブルドア校長です。

マギー・スミス。最後までホグワーツの良心でしたね。

奇跡の歌声が響く老人ホーム

「カルテット! 人生のオペラハウス」

2012年公開。資金難により閉鎖を余儀なくされた老人ホームを救うため、かつてイギリス中を席捲したカルテットが時を越えて再結成。

奇跡のオペラが復活するまでを描いた物語です。

ホグワーツ引退後の余生⁉

本作では、マイケルは老人ホームのボス的存在。
マギーはかつて皆が憧れた歌姫として登場します。

ハリーポッターの物語では死を遂げたダンブルドアですが、もしも生きていたならば、こんなふうに緩やかな余生を過ごしていたかもしれませんね。

実はモデルになった老人ホームがあるんです

イタリア、ミラノにある「音楽家のための憩いの家」

1896年に建設されたこの施設は、音楽関係者の高齢者だけが入居できる老人ホームなんです。

ここにインスパイアされて製作されたのが本作となります。

4:ピンクの嫌われ者 イメルダ・スタウントン

「不死鳥の騎士団」で登場し、性格の悪さと嫌味な笑顔で世界中から嫌われたドローレス・アンブリッジ先生

原作者のJKローリングはこのキャラクターを、自分の周りにいる最も嫌いな女性をモデルに描いたそうです。

それを見事に演じきったイメルダ・スタウントン。彼女の演技力が光った、心を抉るような映画を紹介します。

したかったのは人助け。人殺しじゃない。 

「ヴェラ・ドレイク」

2004年公開。1950年代のロンドンを舞台に、とある主婦の愛情深さが招いた悲劇の物語。

若い女の子を助けたい。ただその一心で、違法な人工中絶を施していたヴェラ・ドレイク。しかし施術を行った患者が流産してしまい、彼女は法で裁かれる事になるのです。

本当は愉快なマダム!

魔法界きっての嫌われ者、アンブリッジ先生ですが、イメルダ・スタウントンはとてもお茶目でチャーミングな人なんです!

どんどん内容が暗くなるハリーポッターシリーズ。撮影現場でもシリアスなシーンが増えていましたが、イメルダの陽気な人柄のおかげで、現場は和やかな空気に包まれていたそうです。

ちなみに作中で対立していた、シビル・トレローニー先生役のエマ・トンプソンとはご近所で仲良しなんですよ。

エマ・トンプソン。トレローニー先生の時と全然雰囲気が違いますね。

もう一度あの世界へ

ドラマ版ハリーポッターの製作時期はまだ発表されていませんが、原作小説のエピソードをより深堀した内容になると言われています。

映画ではカットされた重要なシーンがたくさんあるので。ぜひその辺りも描いて欲しいですね!

再び動き始める魔法の世界。大人になった皆さんも、当時のワクワクを思い出して、思い切り楽しみましょう! 

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次