【遊戯王マスターデュエル】キトカロス禁止ならず!代わりに犠牲になったのは?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、XBOX ONE、XBOX SERIES X/S、Steam、スマートフォン対応ソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、2023年5月1日(月)より適用されるリミットレギュレーション(禁止制限)における新たなカードが公開されました。

目次

まさかの簡易融合が禁止に


KONAMIのマルチプラットフォーム向けゲーム『遊戯王マスターデュエル』にて、2023年5月1日(月)に実施される新規カードのリミットレギュレーション(禁止制限)が発表されました。

これにより、以下に記載するカードが規制対象となります。なお規制の適用に関しては、ランク戦での利用頻度から枚数判断をしているとのこと。

また規制については、現状の環境下における「対策が困難な状況を作り出す」場合や「早期決着によりデュエルの駆け引きの要素が著しく損なわれる」場合の是正が目的になっているようです。

「ティアラメンツ」の登場により、いきなり制限で実装された「ティアラメンツ・キトカロス」でしたが、なんと次の改訂で生き残ることに。しかしその代わりなのか、「簡易融合」が禁止カードに指定されてしまいました。

他のデッキでも使われる汎用的なカードなだけでに、決闘者の間では「なぜこっちなのか」という声も噴出しているようです。

また、制限カードに「沼地の魔神王」「おろかな副葬」が入っているあたり、入念に「ティアラメンツ」の力を削いでいる改定であることは間違いなさそうではあります。今後「ティアラメンツ」の規制が激しくなれば、もしかすると今回の規制内容は緩和されるかもしれませんね。

なお、しれっと無制限にされている「閃刀姫-カガリ」や「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」などにも注目です。

【適用予定日】
2023年5月1日(月)

■新たな制限改訂の対象となるカード

※今回の改訂でデッキに投入できる枚数が減ったものは青文字、増えたものは赤文字で表記しています。

【新たに禁止となるカード】

  • 簡易融合

【新たに制限となるカード】

  • 沼地の魔神王
  • おろかな副葬

【新たに準制限となるカード】

  • 心変わり

【制限が解除されるカード】

  • 閃刀姫-カガリ
  • 雷鳥龍-サンダー・ドラゴン
  • 炎舞-天キ
  • 覇王眷竜ダークヴルム

分解ボーナスが適用

今回の制限改訂で、過去に作成したカードに分解ボーナスが適用されることが発表されました。

対象となるのは、今回制限対象となったカード。制限で使える枚数が減った分だけ、分解する際にクラフトポイントに+20ptのボーナスがつきます。

対象期間は、リミットレギュレーションの適用後なので、今分解しないように気をつけましょう。

※分解可能カードが対象となります。
※分解するカードの表面加工に関係なく+20ptとなります。

【適用期間】
2023年5月1日(月) 10:00 〜 2023年6月8日(木) 12:59

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_MD_INFO)

関連商品をAmazonで見る

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次