セブン・ファミマ・ローソン「プリン」価格・重さ・味を徹底比較!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

コンビニの定番デザートといえば「プリン」です。昔ながらの喫茶店風から季節のフレーバープリンまで様々な種類があって、世代を越えて愛されていますよね。今回はコンビニ3社の定番「プリン」を食べ比べてみました。

目次

コンビニ3社! 「プリン」を徹底比較


コンビニの定番デザートといえば「プリン」です。昔ながらの喫茶店風から季節のフレーバープリンまで様々な種類があって、世代を越えて愛されていますよね。今回はセブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンなどコンビニ3社の定番「プリン」を食べ比べてみました。

最近ではカスタードプリンや生プリン、半熟プリンなども登場していますが、違いってご存知ですか。カスタードプリンはカスタードを加熱して凝固させたもので、たまごの割合が高いほど硬めになるのだとか。生プリンは生クリームが多めで、卵は卵黄のみを使用。加熱しても固まらない生クリームが使用されているため、舌触りがなめらかなんですって。

3社の「プリン」が集合!

左から、セブンの「カスタードプリン」、ファミマの「窯出しとろけるプリン」、ローソンの「トーラク たまごのプリン」です。ローソンのオリジナルプリンを探して数日間歩き回ったのですが、どのお店にもなくて、今回はトーラクのローソンオリジナル商品をご紹介します。

しかし、こうしてみると大きさが全く違いますよね。


セブン−イレブン「カスタードプリン」

こちらがセブンの「カスタードプリン」です。「おすすめ」というシールがペタリ。


重さとカロリーは?

カップのまま計量すると、157g。見た目通り、3社の中で最重量。フタを外したサイズは、直径約8.5cm×高さ6cmでした。


カロリーは255kcalです。原材料は牛乳、卵、砂糖、カラメルシロップ、クリームの順になっています。


上からみたところ

フタを外すと、カスタードプリンらしく、プツプツした細かい気泡があります。卵黄を連想させる鮮やかな黄色が印象的です。


大きくて横からみると迫力があります。底にはカラメルシロップが入っています。


スプーンですくってみると、表面はやや硬め。


掘り進むと、少し柔らかさが感じられるように。カラメルはサラサラの液状。


食べてみた

口に含んだ瞬間、たまごの濃厚な風味が鼻まで突き抜けて、ザ・タマゴというお味です。表面は蒸し上げたプリン独特の硬さと食感がありますが、コクがあって中はトロっとしていてなめらか。食べ進むと、ちょっぴりビターなカラメルシロップが絡んで大人なお味になります。量は多いのですが、カラメルがたっぷりで全体的にくどくないので、するっと食べられちゃいました♪


ファミリーマート「窯出しとろけるプリン」

ネーミングからすると、とろけるような食感が楽しめるプリンのよう。フタに「こぼれ注意」という記載があります。


重さとカロリーは?

カップのままで重さは133g。カップを外して計測すると直径約7.5cm×高さ6.5cmです。


カロリーは221kcal。


原材料は、乳等を主要とする食品、卵、砂糖、クリーム、カラメルソースとなっています。


上からみたところ

淡い卵色で表面はつるんとしています。


とろとろ過ぎるせいなのか、カラメルソースが斜めになっています。


スプーンですくうと、、、柔らかいっ。中はさらにとろーーーーーーん。


ぷるぷるしていて、水分が多い印象。これは、いわゆる生プリンに近いかも?


食べてみた

口に入れると、一瞬表面の硬さがあったものの、すぐにちゅるんとしたクリーミーな口どけ。フレッシュなミルク感とほんのりたまごの風味が舌の上に広がります。カラメルソースは苦味は少なく、マイルドな甘さです。全てが口の中で優しく一体化。とにかくとろーーーーん。これは癒やされますね。


ローソン「トーラク たまごのプリン」

卵からひょっこりと顔を出すニワトリの絵がなんともかわいらしいですよね♪「Uchi Café(ウチカフェ)」のプリンではないものの、ローソンでしか購入できないようです。


重さとカロリーは?

95gと最軽量、サイズは直径約7cm×高さ5.5cmとコンパクトなサイズ感。フタはなくフィルムをはがして食べるタイプです。


カロリーは160kcalと低め。原材料は卵液、砂糖、植物油脂、牛乳、カラメルソースなどとなっています。


上からみたところ

つるんと鏡面仕上げのような美しさ。


プリンの量に対して、ソースが多めに見えます。


ひとすくいしても、原型が崩れない硬さ!


プリンの下の方はカラメルが染み渡っています。


食べてみた

もっとも硬さがあって、じっくり蒸し上げた喫茶店のプリンのような食感。甘さは控えめでたまごの素朴な味わいも感じられます。食べていると、さっきまであったはずのカラメルソースがない?どうやら既にプリンに染み渡ってしまったらしく、下部はちょっぴりビターな風味でいい感じ。


まとめ

プライベートブランドからメーカー系プリンまで、コンビニには様々な種類のプリンが混在していて熾烈な戦いが続いているようです。おおまかには、飲めるくらいクリーミーなプリンから、噛みたくなるプリンまで、食感や味わいが少しずつ異なっているので、好みやその日の気分でセレクトするのがおすすめです。たまごっぽくて、硬めな仕上がりなのはセブンとローソン、やわらかで牛乳っぽさが際立つのはファミマです。そして圧倒的に食べごたえがあるのはセブン、懐かしの喫茶店感があるのはローソン。ぜひ、お気に入りを探してみてくださいね。

セブン−イレブン「カスタードプリン」

たまごの素材の良さと、昔ながらのちょっぴり硬めのプリンの口どけが感じられる正統派プリンです。ビターなカラメルシロップもプリン自体の優しい甘さと絶妙にマッチ。最近、原材料の高騰で20円値上がりして価格は200円超えですが、ボリュームがあるので、たっぷり食べたいときにおすすめです。

ファミリーマート「窯出しとろけるプリン」

とろけるなめらかさで、ネーミングに偽りなしです。窯出しなのですが、硬さはほとんど感じられません。北海道生クリームが使われていてフレッシュなミルク感とたまごの旨み、優しい口どけに癒やされます。おこさんやクリーミーなプリンが好きな方におすすめです。

ローソン「トーラク たまごのプリン」

硬めでたまご感もあり、喫茶店で食べる懐かしのプリンの味がします。131円というお手頃価格で、カロリーも低く食べきりサイズなので、ダイエット中のおともにもぴったり。ホッとするお味です。

                

セブン-イレブン ファミリーマート ローソン
商品名 カスタードプリン 窯出しとろけるプリン トーラク たまごのプリン
価格 237.60円(税込) 170円(税込) 131円(税込)
カロリー 255Kcal 221Kcal 160Kcal
栄養成分 たんぱく質7.9g
脂質13.6g
炭水化物25.3g(糖質25.3g、食物繊維0.0g)
食塩相当量0.15g
たんぱく質4.0g
脂質13.7g
炭水化物20.4g(糖質20.3g、食物繊維0.1g)
食塩相当量0.2g
たんぱく質3.5g
脂質9.9g
炭水化物14.0g
食塩相当量0.1g

※個人の感想を含みます。同じコンビニでも地域やお店によって違いがあるので、実際はお店で確かめてくださいね。

公式サイト:セブン-イレブン|カスタードプリン
公式サイト:ファミリーマート|窯出しとろけるプリン
公式サイト:ローソン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次