【遊戯王OCG】カオスルーラー禁止か?新カード「スカーレッド・ゾーン」がヤバい

KONAMIが全世界に展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王オフィシャルカードゲーム(遊戯王OCG)』にて、2023年6月24日(土)発売のストラクチャーデッキ「遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ 王者の鼓動」の最新情報が公開!

「みんなのキング」が特典カードに!


※サムネイル画像は遊戯王マスターデュエルより

KONAMIが展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王OCG』にて、2023年6月24日(土)に発売されるストラクチャーデッキ「遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ 王者の鼓動」にて、新たに収録される3種類のカードが公開されました!

また、既存のカードから再録されるカードも一部が公開されています。

【発売日】
2023年6月24日(土)

【価格】
1,430円(税込)

【商品内容】
構築済みデッキ1個
天地鳴動パック1パック(カード5枚入り/ウルトラレア仕様1種・スーパーレア仕様4種の内、1枚をシークレット仕様で収録)
特典カード1枚(スーパーレア仕様)
特製デュエルフィールド(1人分)/プレイングガイド1枚

■ヴィジョン・リゾネーター

レベル2 闇属性 悪魔族 チューナー/効果 ATK 400 DEF 400
このカード名の(1)による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにレベル5以上の闇属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「レッド・デーモンズ・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

「バイス・ドラゴン」などの上級闇属性から展開できるカード。召喚権を使わずに展開できる上級の闇属性モンスターのほか、前回の紹介記事で登場した「ボーン・デーモン」のような、レベル調整ができるモンスターとも相性抜群です。

シンクロ素材に限らず、墓地へ送られた場合に「レッド・デーモンズ・ドラゴン」と書かれた魔法罠をサーチできるので、下記の「スカーレッド・ゾーン」を安定して運用できます。

■スカーレッド・ゾーン

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「レッド・デーモンズ・ドラゴン」またはそのカード名が記されたSモンスターが存在し、相手がカードの効果を発動した時、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(2):自分の除外状態のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

条件付きで、相手のカード効果の発動に対して破壊を行える永続罠。同名ターン1ですが、維持できれば安定してアドバンテージを稼いでくれます。ただ、このカードがある状態で相手が効果を使ってくる場合は、そのまま押し切れるつもりでいる可能性も高いので油断は禁物。

また、除外されているドラゴン族・闇属性シンクロモンスターを帰還させる効果もあり、むしろこちら目当てで活用されそう。

特に注意すべきなのは、「レッド・デーモン」関連ではなく、ドラゴン族・闇属性シンクロモンスターである点。具体的には「混沌魔龍 カオス・ルーラー」が該当するため、自身の効果で蘇生後に除外された「カオス・ルーラー」をそのまま帰還させられるのはあまりにも強力です。

■みんなのキング(特典カード)

人間族 ATK 3000 DEF 2500
かつて故郷を捨て、仲間を捨てた道化のキングは、傷つき病んだ心を、真に思いやる心によって救われた。自ら運命を選び生きることを決意したその男は、いつかきっと世界を救い、全ての人に愛され、皆に幸せを与える本物のキングとなるだろう。

※公式のデュエルでは使用できません。

アニメ『遊戯王5D’s』にて、ジャックVSカーリー戦の回想で登場したカード。占いに使われたカードであるため、デュエルでは使用できない原作通りのカードとしてOCG化されました。

再録カードも公開

今回のストラクチャーデッキにて再録されるカードも公開!

  • レッド・リゾネーター
  • レッド・スプリンター
  • レッド・ウルフ
  • 風来王 ワイルド・ワインド
  • 幻影王 ハイド・ライド
  • 奇術王 ムーン・スター
  • レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター
  • バスター・ビースト
  • リゾネーター・エンジン
  • バスター・モード
  • レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
  • えん魔竜 レッド・デーモン・アビス
  • えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_OCG_INFO)

関連商品をAmazonで見る

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す