【遊戯王MD】テラフォとデビフラついに禁止!代わりにアレが緩和……!?

PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、XBOX ONE、XBOX SERIES X/S、Steam、スマートフォン対応ソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、2023年6月8日(木)より適用されるリミットレギュレーション(禁止制限)における新たなカードが公開されました。

デビフラとテラフォが禁止!?


KONAMIのマルチプラットフォーム向けゲーム『遊戯王マスターデュエル』にて、2023年5月1日(月)に実施される新規カードのリミットレギュレーション(禁止制限)が発表されました。

これにより、以下に記載するカードが規制対象となります。なお規制の適用に関しては、ランク戦での利用頻度から枚数判断をしているとのこと。

また規制については、現状の環境下における「対策が困難な状況を作り出す」場合や「早期決着によりデュエルの駆け引きの要素が著しく損なわれる」場合の是正が目的になっているようです。

フィールド魔法をサーチ(デッキから手札に加える)するカードとして汎用性が高い「テラ・フォーミング」が禁止に。OCGに追随する形となりました。これにより、フィールド魔法を軸に戦うデッキが大きなダメージを受けることに。その代わりなのか、似たような効果の罠カードである「メタバース」が準制限カードになっています。

また、5000LPと引き換えに強力な融合モンスターを特殊召喚できる「デビル・フランケン」も禁止に。自身が下級モンスターなのもあって、あまりにも簡単に展開できるためか、ついに禁止カードになってしまうようです。

なお、先日実装された「イシズ」カード3種類も制限カードに。環境が一色になってしまうのを避けるためでしょうが、まだ「ティアラメンツ」が禁止になる日は来ないようです。

【適用予定日】
2023年6月8日(木)

■新たな制限改訂の対象となるカード

※今回の改訂でデッキに投入できる枚数が減ったものは青文字、増えたものは赤文字で表記しています。

【新たに禁止となるカード】

  • デビル・フランケン
  • 盗人の煙玉
  • テラ・フォーミング

【新たに制限となるカード】

  • 宿神像ケルドウ
  • 剣神官ムドラ
  • 古衛兵アギド

【新たに準制限となるカード】

  • スプライト・ブルー
  • 宵星の騎士ギルス
  • 天底の使徒
  • メタバース
  • サイバー・エンジェル-弁天-

分解ボーナスが適用

今回の制限改訂で、過去に作成したカードに分解ボーナスが適用されることが発表されました。

対象となるのは、今回制限対象となったカード。制限で使える枚数が減った分だけ、分解する際にクラフトポイントに+20ptのボーナスがつきます。

対象期間は、リミットレギュレーションの適用後なので、今分解しないように気をつけましょう。

※分解可能カードが対象となります。
※分解するカードの表面加工に関係なく+20ptとなります。

【適用期間】
2023年6月8日(木) 16:30 〜 2023年7月13日(木) 12:59

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_MD_INFO)

関連商品をAmazonで見る

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す