【言っちゃダメ】男性のプライドが「へし折られてしまう」NGワードとは?

女性が言った何気ない一言が男性を傷つけている。そんなことはありませんか?「冗談のつもりで言ったのに!」と思うかもしれませんが、男性の心は繊細なのです。些細な言動で男性のプライドをへし折っていると、恋愛だって上手くいきませんし、恋人同士になっても相手の心が離れていきます。

しかし、男性のプライドをへし折る言葉が分からない女性もいるのではないでしょうか?

今回は、男性のプライドがへし折られてしまうNGワードを紹介します!

利用率NO.1マッチングアプリの【Pairs】を無料でインストール!

目次

「これを言ったら嫌われるかも……」男性のプライドがへし折られるNGワード


男性はプライドが高く繊細な心を持っています。普段の何気ない一言が男性を傷つけ、自信をなくすきっかけになっている場合も。特に仲良くなりたい男性がいると、フレンドリーに接したつもりが、プライドをへし折っているかもしれません。

ここでは、男性のプライドがへし折られるNGワード5選を紹介します!

「細いね」体型や外見に関する言葉

まずは、体型や外見に関する言葉です。「細いね」「太った?」など、コンプレックスに思っている部分を言われると傷つきます。体型や外見は努力したら改善する所もありますが、全てがそうとは限りません。

もしかしたら、言われても笑顔で対応しているかもしれませんが、心の中では悲しんでいる可能性も。コンプレックスを弄られたら、傷つく人が大半でしょう。

笑っていても本心とは限らないため、仲良くなりたいのなら言葉選びには気を付けて下さい。

「男のくせに」男らしさを連想する言葉

男らしさを連想する言葉もプライドをへし折るNGワードです。「男のくせに」「男なのに」「男らしくない」など、似たような言葉はたくさんあります。女性から言われた場合「俺って頼りないのかな?」と受け取ってしまうかもしれません。

男性は幼少期から「男はこういうもの」と自然に刷り込まれることも多く、それに反してしまうと「男としての魅力がない」と感じてしまいます。

女性を引っ張っていきたいと思う男性も多いため、このような言葉は自信をなくすきっかけになる可能性もあるでしょう。

「ダサい」趣味嗜好やセンスを否定する言葉

男性の趣味嗜好やセンスを「ダサい」と否定するのも、非常に傷つきます。例えば、自分の一番お気に入りの服を着てきて、それを「ダサい」「似合ってないよ」と直球に言われたらどう思いますか?大抵の人は悲しくなるでしょう。

言っている方は正直な感想を言っているかもしれません。しかし、相手は非常に傷ついています。自分の大切にしているものやこだわりを否定されてしまうと、自信をなくしてしまい、デリカシーのない人と思われる可能性も。

趣味嗜好やセンスを否定するのは、その人自身を否定するのと同じなのではないでしょうか?

「○○さんの方がすごいよ」他人と比較する言葉

比較を連想するワードも男性のプライドがへし折られます。例えば、仕事ができる男性が身近にいて「○○さんの方がすごいよ」「○○さんの方が年収が高い」と言われたら、非常にプライドが傷つくでしょう。

男性にとって仕事は本当に大切なもの。このような言葉を言われたら「俺の稼ぎが悪いってこと?」「俺だって毎日汗水垂らして働いてるのに」と思われ、相手にされなくなります。

女性も他人と比較されたら嫌な思いをする人は多いはず。しかし、男性は女性よりもプライドが高い傾向にあるため、他人と比較されるのは非常に敏感です。

「ケチ」器の小ささを連想させる言葉

「ケチ」は器の小ささを連想する言葉のため、言われた男性はプライドが傷つくでしょう。女性に「ケチだね」と言われたら、男性は豪快さが足りない器の小さい男だと言われたと感じます。

人それぞれ価値観は違うため、何が正解かは分かりません。「ケチ」と思っている人でも、別の人から見たら倹約家で節約上手に見える可能性だってあります。

器の小ささを連想する言葉は、男らしさとはかけ離れているため、いい気分にはならないでしょう。

男性のプライドをへし折らないように注意しよう!

ここまで、男性のプライドをへし折るNGワードを紹介しましたが、何か指摘したい場合はどうしたらいいのでしょうか?

例えば、彼氏の服装のセンスが微妙だった場合、何も考えずに「その服装ダサいよ」と言ってしまうとショックを受ける男性が多いため「こっちの服装の方が似合ってるよ」「この色の服を着るとスタイル良く見えるよ」など、自分の価値観を押し付けるのではなく「もっとこうしたら良くなる!」といった感じにするといいでしょう。

こちらの方が「似合ってない」と言われるよりも嫌な気分にならないと思いますし、プライドも傷つかない可能性が高いでしょう。

何でも正直に思ったことを言うのではなく「自分がこれを言われたらどう思うか?」と想像力を働かせて、客観的に物事を見るのをお勧めします。

まとめ

男性のコンプレックスを弄ったり、他人と比較するような言葉は、男性のプライドをへし折るきっかけになります。プライドをへし折らないためにも、言動には注意して下さい。

価値観を否定するのではなく、自信を持てる言葉をかけてあげましょう。

この記事が、男性との接し方に悩んでいる人のヒントになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

利用率NO.1マッチングアプリの【Pairs】を無料でインストール!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す