恋愛上手が必ずやってる!絶対に既読スルーされないメッセージの書き方

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

LINEが主なコミュニケーションツールになった現代では、気になる異性と仲良くなるためにLINEでやりとりするのがメジャーです。好きな人から既読無視をされてしまったり既読すらつかない未読の状態が続くと誰でも落ち込みますよね。中には「もしかして嫌われてるかも」と考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、既読無視や未読無視の原因は好き嫌いではなくLINEの内容に問題がある場合が多くあります。そこで、この記事ではLINEで異性が返信をしてくれない原因と、返信してもらうためのポイントを紹介します!


目次

目次

既読・未読無視されてしまうのはなぜ?

既読・未読無視されてしまうと人は自分自身に問題があるように感じてしまいがちです。しかし、「嫌いだから無視をする」というような行動は大人になればなるほど減っていくもの。そのため、相手がある程度大人である場合、無視されてしまう原因は内容やお互いの連絡目的にあると考えることが自然です。

既読・未読無視の原因:①内容に興味がない

相手に既読・未読無視されてしまう原因として一番多いのが話の内容に興味がない場合です。特定の話題がなく雑談をしている場合、自分の興味がない話をされても反応に困ってしまったり、つまらないと感じてしまいます。そのため、返信するのが億劫になり無視に繋がりやすくなるでしょう。

既読・未読無視の原因:②要件だけを話したい

異性との会話で多いのが、必要な要件だけを話して会話を終了するというパターンです。この場合相手は無視をしているつもりはなく、「要件が終わりその他に話すこともないので返信をしなくていい」と考えています。

そのため、自分が嫌われているか不安に思う必要はありません。LINEの使い方は人それぞれ違うので相手の性格を考えて対処方を考えるとよいでしょう!

既読・未読無視を防ぐためには?

好きな人とのLINEで既読・未読無視されるのを防ぐためには、相手に合わせたLINEを送ることが大切です。これまでに相手から既読・未読無視をされた経験がある人は、それがどのような場面だったかを確認すると相手のLINEに対する考え方がわかりやすいでしょう。

相手のLINEに対する価値観を知ることは、今後LINEを通じて仲良くするために大切です!これらを理解してから具体的な対策をとっていきましょう。

既読・未読無視を防ぐ対策:①相手の趣味に合わせた会話を取り入れる

相手の趣味に合わせた話しや、得意分野に触れた内容は会話が弾みやすく、こまめなやりとりが期待できます。相手の趣味がわからないときはインスタグラムなどでリサーチするとよいでしょう。また、直接好きなものを聞くのも相手への興味を示すことができるのでおすすめです。

他人とは違うその人ならではの趣味や、自分と共通の趣味を見つけることができればより相手の興味を引き、話を盛り上げることができます!

既読・未読無視を防ぐ対策:②ユーモアがある返信をする

ユーモアのあるLINEは男女共通で好かれます。ちょっとした返信でも、通知が来た時に相手がくすりと笑ってしまうようなユーモアのある返しを心掛けましょう。特に、業務連絡のようなやりとりしかできていない人は、会話の中に少しユーモアをとりいれるだけで楽しい会話に変化します。

しかし、やりすぎるとテンションの差に引かれてしまう可能性もあるので、相手の性格や反応を考慮して面白と真面目を使い分けることが大切です!

既読・未読無視を防ぐ対策:③テンポやテンションを合わせる

LINEを返す頻度やテンション感が同だと相手に余計なストレスを与えず、スムーズに連絡がとれやすくなります。相手のLINEでのテンションに合わせてこちらも返信をすることは相手に安心感を与えることもできるので、相手との仲を深めたい人は実践するべきポイントです!

例えば楽しい時などに語尾に使う笑いを「笑」にするのか「W」にするかでも文面のテンション感は変わります。他にも、一度に送るLINEの数や文章の量も相手に合わせることで相手と似た感性を持っていることがアピールになるでしょう。

既読・未読無視を防ぐ対策:④思わず読みたくなるような送り方をする

LINEを未読のまま無視する人の多くは、通知の内容をみて返信する必要がないと思いトーク画面を開かない場合が多いです。そのため、メッセージを二つに分けて通知に残るメッセージを興味がひかれるものにしてみるといいでしょう。

例えば、一つ目のメッセージで要件を送って、後半の二つ目のメッセージを「やばくない?」や「どう思う?」などの疑問形にします。すると相手は何がやばいのか、何を相談されているのかが気になって思わずトーク画面を開くでしょう!

LINEは「めんどくさい」と思われないよう注意が必要!

LINEでのやりとりは手軽なため、その人の性格があらわれやすいものです。そのため、LINEのやりとりで「この人と合わないな」と思われたらその後の挽回が難しくなります。特に好意が先走り相手の気持ちを考えずに自分都合のやりとりを続けると「めんどくさい人」という印象を与えてしまうため注意が必要です!

LINEが続くように対策を考えることも大切ですが、相手の様子をみてあまり乗り気ではなかったら時には連絡を取らない決断をすることも必要でしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★