安物Android端末にはマネできない〝次のiPhone〟でAppleがみせる「格のちがい」

次世代「iPhone 15」について、新色や新デザインの噂が中国のSNSなどから登場しています。


» 次世代「iPhone 15 Pro」最新リークとデザイン予測 |

*Category:テクノロジー Technology *Source:weibo ,9to5Mac(1) ,(2)

次世代「iPhone 15」はすりガラス採用&新色シアングリーンが登場



中国のSNS「weibo」に以前投稿された噂によると、Appleは「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」の背面に、Proモデル以外では初めてすりガラスのデザインを採用する予定とのこと。現在、「iPhone 14」と「iPhone 14 Plus」は光沢のある背面ガラスを採用していますが、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はすりガラスのマットなデザインとなっています。

さらに同じ情報筋は、「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」に新色の「シアングリーン」が搭乗すると主張しています。これは、Appleが「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」で提供したグリーンカラーに似ているとのこと。



また、テックメディア「9to5Mac」は以前、iPhone 15の新色「ライトブルー」「ピンク」が発売されると報じていました。

標準的なiPhone 15とiPhone 15 Plusについて、情報筋によると、テスト中の2つのカラーオプションはライトブルーとピンクだという。しかしこの情報源は、この情報はまだ初期段階であり、アップルが今秋のiPhone 15リリースに近づくにつれて変わる可能性があると注意を促している。




— 出典:9to5Mac

同メディアは「iPhone 15 Pro」については、新色「ディープレッド」が登場すると主張しています。ただし、Appleは複数の異なるカラーをテストしているため、実際に搭乗するかどうかは未確定とのこと。カラーは他の要素に比べて比較的変更しやすいため、あくまで参考程度にとどめておくべきでしょう。



「9to5Mac」はまた、Appleが「iPhone 15」の背面ガラスに新しいすりガラス加工を採用するのであれば、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」のデザインも変更される可能性があると指摘しています。

「Pro」モデルには新しいマットなチタンエッジが採用されると予想されているため、マットなエッジを補完するために背面ガラスに光沢仕上げが採用される可能性もある。これはあくまでも推測に過ぎないが。


— 出典:9to5Mac

安い(廉価な)Android端末ではすりガラスが使われることは稀なので、今回のリークが事実であればAppleは〝標準モデル〟でも素材からして格のちがいを見せつけてくることになりそうです。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す