スティーブ・ジョブズが残した「iPad最大の欠点」をGoogleが解決してしまう

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleが12年間もの間解決していないiPadの欠点を、Googleが偶然にも解決してしまったとテック系メディア「wccftech」が分析しています。

目次

動画:Why The iPad Doesn’t Have A Calculator




本日最終:プライム会員〝3カ月無料〟マンガ・ラノベ・雑誌・写真集・ビジネス書が読み放題「Kinde Unlimited」がセール中 ※通常会員でも30日無料




ジョブズがiPadに残した「未解決の欠点」



iPadは故スティーブ・ジョブズを代表する素晴らしい製品の1つですが、2010年に初代が発表されて以来未解決の大きな欠点があります。それは、スマートデバイスにはあって当然の「計算機アプリ」がないことです。

Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」によれば、初代iPadの開発の際、iPadのプロトタイプに搭載されていた計算機アプリは、iPhoneの電卓を単にスケールアップしただけのものだったそう。ところが、ジョブズは発売直前になってこれに気づき担当者を呼び出します。


本日最終:プライム会員〝3カ月無料〟マンガ・ラノベ・雑誌・写真集・ビジネス書が読み放題「Kinde Unlimited」がセール中 ※通常会員でも30日無料



出荷直前だったため、担当者はこのまま出荷するとジョブズに説得を試みます。しかし担当者はジョブズを説得できず、「計算機アプリを作り直すか、搭載するのをやめるか」と最後通牒を出しました。そして結局、初代iPadは計算機がないまま発売されたのです。



それ以来Appleは12年もの間iPadに計算機アプリを搭載していません。なお、Appleの上級役員であるクレイグ・フェデリギ氏はこれについて「本当に満足行いく、最高のiPad向け計算機アプリができたらリリースする」と説明しており、まさに「愛すべき欠点」とも言えるジョブズの名残となっています。

とはいえ、iPadで計算機を使いたい、というユーザーも少なくはないはず。「wccftech」によれば、Googleはこの問題を「図らずとも解決してしまった」とのこと。Googleは今年、Chrome OS向けの計算機アプリをWeb上でリリースしました。このWebアプリは、Chromeを使うことができるデバイスであれば、誰でもアクセスすることができます。

このアプリは、大画面のタブレット端末に最適化されたUIになっています。もちろんこのアプリは主にChrome OS向けに開発されたものですが、iPadでもページにアクセスすれば使えてしまうのです。



Appleストアにも計算機アプリはありますが、iPad向けではなかったり、広告が多かったりするのが悩みどころでした。GoogleのこのサービスはあくまでWebアプリですが、広告なしの大画面向け計算機アプリはかなりありがたい存在です。

このGoogleの計算機アプリへのアクセスはこちら。iPadのSafariでもアクセスできるので、計算機を頻繁に使う方はiPadのホーム画面に追加しておくと便利そうです。

* Category: technology テクノロジー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次