Metaは「Threads」を4年前にもリリースしていた…史上最悪の〝失敗〟に終わったアプリの中身

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Twitterの代替アプリとして注目を浴びているMetaの新アプリ「Theads」。突如として登場したイメージのあるこのアプリですが、Metaは2019年にも同じ名称のアプリをリリースしています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:Meta ,YANKO DESIGN ,TechCrunch

Metaが2019年にリリースした「Threads」


「Threads from Instagram」は2019年10月にローンチされたアプリです。当時のFacebook(現Meta)のプレスリリースには、以下のように書かれています。

Instagram、新しい単独メッセージアプリ「Threads(スレッズ)」を発表

Threadsは、親しい友達とより簡単につながること、瞬時にやりとりができること、そしてプライバシーを考えてデザインされた単独アプリです。利用者は、Instagramで作成した「親しい友達リスト」に追加されているアカウントと、写真・動画・メッセージ・ストーリーズなどをシェアすることができます。Threadsでやりとりする相手は利用者自身がカスタマイズし、管理することができます。


— 出典:Meta

このアプリはAndroid、iOS向けにリリースされましたが、ほとんど話題にならず、現在はすでにストアページも削除されています。


デザイン専門メディア「YANKO DESIGN」によれば、このアプリはTwitterというより「SnapChatに近いもの」だったそうです。しかし「わずか数千のダウンロードとひどいパフォーマンス」の後、2021年に閉鎖されたとのこと。

昔のThreadsを覚えている人は少ないだろう。私もほとんど覚えていないが、これはインスタグラムがネットワークを再びソーシャルなものにするための方法だった。チームは、IGが徐々に無用の存在になりつつある中(これはリールが流行る前の話だ)、人々が実際にコンテンツを見るよりも、主にDMを送り合うためにアプリを使っていることに気づいた。投稿に友達をタグ付けする人はいなくなり、ただ親しい友達と投稿やミームを共有し、実際のホームフィードではなく、メッセージ欄で小宇宙的なネットワークを作っていた。

人々はIGのフィルターも愛用していたが、自分のコンテンツをストーリーやプロフィールに大量に公開する代わりに、3~4人の親しい友人と共有する方がずっと快適だった。これを見たモッサリ率いるインスタグラムは、これは完全に新しいアプリに値すると判断した。インスタもグラムもないIG。DMとARフィルターだけ……あるいは単純に、SnapChatのクローンだ。


— 出典:YANKO DESIGN

当時のThreadsのUIはこんな感じ。現在のTwitterライクなデザインとは全くことなるデザインです。


このアプリは2019年にリリースされたものの、ユーザーはほとんどおらず、アプリストアでの評価数もたった2,500件程度と、Meta史上最もパフォーマンスの悪いアプリとしてひっそりサービスを終了しました。

Threadsの閉鎖後からまもない2021年7月、テックメディア「TechCrunch」は「Facebookが一部の公開ページでツイッターのような機能をテストしている」と報じています。その1年後、イーロン・マスクがTwitterを買収し、様々な仕様変更やバグでユーザーを混乱させました。

これを好機とみたMetaは、Twitterが投稿閲覧数の制限をかけたタイミングで、生まれ変わった「Threads」をリリースしました。同アプリはすでに1億人以上のユーザーを獲得し、Twitterを脅かす存在と変貌しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次