コンビニ「冷凍餃子」コスパ最強は? セブン・ファミマ・ローソン徹底比較!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

暑い日は、キンキンに冷えたビールに餃子が最高ですよね。そんなときレンジで加熱してサクッと楽しめるのがコンビニの「冷凍餃子」です! 今回はコンビニ3社の「冷凍餃子」を食べ比べてみました。

目次

コンビニ3社! 「冷凍餃子」を徹底比較

暑い日や仕事終わりには、餃子をつまみにキンキンに冷えたビールなんて最高ですよね。そんなときレンジで加熱してサクッと楽しめるのがコンビニの「冷凍餃子」です! 今回はコンビニ3社の「冷凍餃子」を食べ比べてみました。


3社の「冷凍餃子」が集合!

左からセブンの「レンジで焼き餃子」、ファミマの「野菜の旨みが決め手!焼餃子」、ローソンの「ジューシー焼餃子」です。


セブン−イレブン「レンジで焼き餃子」

パッケージをチェックしてみた

「国産の野菜たっぷり」なので安心感がありますね。電子レンジ専用でタレがついていないので要注意です。公式サイトには「大豆ミートを一部使用したジューシーな餃子です。」という記載があります。こんなところにも代替食材が進出しているんですね。

裏面を見ると、袋のまま加熱という指示がありました。うっかり開けるところでした。


いただきます

500Wで約1分40秒温めてから取り出します。5個入で程よい焼き色ですね。


切り口から野菜がたっぷり入っているのがうかがえます。皮の比率は60%とボリュームたっぷりで肉厚。ぎゅぎゅと詰まったあんは、きゃべつとたまねぎの甘みがじわっと感じられます。そして、、、にらとにんにくで口の中がビリビリ。


ファミリーマート「野菜の旨みが決め手!焼餃子」

パッケージをチェックしてみた

こちらは7月25日(火)に新発売されたばかりの新商品で電子レンジ専用です。野菜の旨みがポイントで、野菜の中で最も多く使用されているキャベツは国産キャベツ100%。公式サイトには「キャベツ、たまねぎ、ニラ、豚肉を使用した、野菜の旨みが楽しめる焼餃子です。便利なトレー入りで、レンジで簡単・手軽にお召し上がりいただけます。」という記載があります。

こちらも凍ったまま袋を開けずにレンジで加熱するのがお約束です。


いただきます

500Wのレンジで約1分50秒温めればOK。加熱中にポン!という音がしましたが、蒸気が抜けた音のようで問題はなさそう。

取り出すと表面はつるっ、全体的に均一に焼かれていて上品な雰囲気です。こちらも5個入。


皮はもちっ、あんはふわっ。野菜がシャキシャキしていてしっかりした歯ごたえ。噛みしめると野菜の甘みや旨みがじわっ。


ローソン「ジューシー焼餃子」

パッケージをチェックしてみた

白ベースのおしゃれなパッケージ。ブタさんのイラストがチラっと見えます。公式サイトには「国産の豚肉とキャベツを使用したジューシーで旨味のある味付けの焼餃子です。」という記載があります。

ローソンも電子レンジ専用なのですが、外袋から取り出してトレイのままレンジで加熱するのが正式な調理方法です。急ぎの場合は、温め時間を短縮して加熱してもOKのようです。


いただきます

500Wのレンジで約1分40秒加熱して取り出します。ローソンの餃子は表面がこんがり焼けていてソソられます。


さて、いただきます。皮はむっちりもっちり香ばしく、噛みしめるとジューシー。しっかり味付けされた豚肉や野菜の旨みや甘さが溢れ出します。みずみずしくていいお味。


10gあたりの価格は?

公表されている内容量と価格で10gあたりの価格を計算してみました。

セブン:内容量100g・価格170.64円
ファミリーマート:内容量95g・価格160円
ローソン:内容量95g・価格134円

内容量 価格 10gあたりの価格
セブン-イレブン 100g 170.64円 17.06円/10g
ファミリーマート 95g 160円 16.84円/10g
ローソン 95g 149円 15.68円/10g

比較:焼き加減

左から、セブン・ファミマ・ローソンの順に並んでいます。

セブン:皮の端がちょっぴり焼けているなどランダム。
ファミマ:均一に焼けています。
ローソン:こんがり香ばしい焼き加減。


比較:あん

セブン:にら・にんにくの香りが強くスタミナがつきそう。
ファミマ:国産キャベツやたまねぎなど野菜がシャキシャキしてフレッシュな美味しさ。
ローソン:国産豚肉とキャベツのジューシーな旨みがたまりません。


比較:加熱時間

セブン:袋のまま、500Wで約1分40秒。
ファミマ:袋のまま、500Wで約1分50秒。
ローソン:袋から出して、500Wで約1分40秒。袋のままの場合500Wで約1分30秒


まとめ

さて、コスパ最強はどのコンビニでしょうか。
10gあたりの価格は、セブンは17.06円、ファミマは16.84円、ローソンは15.68円という結果に。というわけで、今回、コスパ最強はローソンに軍配があがりました。ローソンは149円と最も安価なのでポイントが高いです。

その他の選ぶポイントですが、好みで変わってきます。スタミナをつけたいという時は皮が肉厚でボリューミー、にらやにんにくが効いているセブン、シャキシャキした野菜を味わうならファミマ、こんがり香ばしくてジューシーな餃子を楽しみたいならローソンをおすすめします。どの製品も餃子のタレがついていないのですが、ちゃんと味付けがされているのでそのままでも美味しくいただけますよ。リーズナブルなので冷蔵庫にキープしておけば、食卓にもう一品欲しいというときも安心です。あなたもこの夏、自分好みの餃子を探してみてくださいね。

セブン-イレブン ファミリーマート ローソン
商品名 レンジで焼き餃子 野菜の旨みが決め手!焼餃子 ジューシー焼餃子
内容量 100g 95g 95g
価格 170.64円(税込) 160円(税込) 149円(税込)
栄養成分 たんぱく質8.8g
脂質6.0g
炭水化物19.5g
(糖質18.0g、食物繊維1.5g)
食塩相当量0.98g
たんぱく質5.0g
脂質10.9g
炭水化物21.5g
(糖質20.1g、食物繊維1.4g)
食塩相当量0.9g
たんぱく質6.7g
脂質14.4g
炭水化物21.2g
(糖質20.4g、食物繊維0.8g)
食塩相当量0.7g
カロリー 269Kcal 201kcal 250kcal
原材料名 野菜(キャベツ、たまねぎ、にら、にんにく)、食肉(豚肉、鶏肉)、ごま油、食塩、香辛料、ホタテエキス調味料、ゼラチン、砂糖、チキン風味調味料、皮(小麦粉、なたね油、粉末状小麦たん白、でん粉、大豆粉、しょうゆ、卵白粉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カゼインNa、グリシン、乳化剤、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
無脂乳固形分7.5%
乳脂肪分3.5%
野菜[キャベツ(国産)、たまねぎ、にら]、豚肉、豚脂、おろししょうが、しょうゆ、ごま油、おろしにんにく、砂糖、みそ、酒、食塩、こしょう、皮(小麦粉、植物油脂、水あめ混合異性化液糖、加工油脂、発酵調味料、大豆粉、粉末状植物性たん白、食塩)/加工でん粉、キシロース、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・ごま・大豆・豚肉を含む) 野菜[キャベツ(国産)、たまねぎ、しょうが、にら]、豚肉(国産)、豚脂、つなぎ(液卵白、でん粉加工食品)、しょうゆ、おろししょうが、調味エキス、オイスターソース調味料、砂糖、植物油脂、発酵調味料、ほたてエキス、香辛料、皮[小麦粉、植物油脂、糖類(水あめ混合異性化液糖、ぶどう糖)、でん粉、油脂加工品、大豆粉、粉末状植物性たん白、食塩]/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、キシロース、トレハロース、乳化剤、安定剤(タマリンド)、酸味料、[一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・魚醤(魚介類)を含む]

※個人の感想を含みます。同じコンビニでも地域やお店によって違いがあるので、実際はお店で確かめてくださいね。

公式サイト:セブン-イレブン|7プレミアム レンジで焼き餃子
公式サイト:ファミリーマート|野菜の旨みが決め手!焼餃子
公式サイト:ローソン|ジューシー焼餃子

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次