倦怠期を迎えて別れるべきカップルの特徴とは|倦怠期を乗り越える方法

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

恋人と長く付き合っていれば必ず訪れるであろう「倦怠期」。

そもそも倦怠期とは、カップルや夫婦の間柄について飽きる・冷める・嫌になる時期のことを言います。

交際当初はドキドキやときめきなどの新鮮さを味わうことができていたが、交際が長くなるにつれてドキドキやときめきがなくなってしまった。倦怠期はこのような気持ちが湧き上がってしまうのです。

倦怠期は付き合う上での試練ともいえます。これを乗り越えるか別れるかはあなた次第です。

この記事では倦怠期を迎えて別れるべきカップルの特徴について紹介します。また倦怠期を乗り越える方法も紹介しますので、倦怠期を迎えているカップルの方はぜひ最後まで読んでみてください。

目次

目次

倦怠期を迎えて別れるべきカップルの特徴について紹介していきます。

倦怠期を迎えて別れるべきではないカップルの特徴と別れるべきカップルの特徴の2つに別れます。

別れるべきではないカップルの特徴として、愛されている尊敬している、恋人といる時の自分が好きなどが別れるべきではないカップルの特徴です。

では逆に倦怠期を迎えて別れるべきカップルの特徴はどのようなことがあげられるのでしょうか?

ここでは倦怠期を迎えて別れるべきカップルの特徴を紹介します。

もちろん一つ当てはまるからといってすぐに別れを判断するようなことはやめてください。あくまで別れる一歩手前と考えましょう。

ではみていきましょう。

浮気をしている

倦怠期を迎えて別れるべきカップルの特徴として浮気をしていることが挙げられます。

付き合う上で絶対にやってはいけないこととして「浮気」。これはどんな理由があろうとも許されることはありません。

倦怠期の理由が「相手の異性との遊び」という場合はおすすめしないです。倦怠期どころの話ではありません。

単に相手が恋愛をする上で1番やってはいけないことです。話し合いをして別れるべきといえるでしょう。

恋人といる時の自分が嫌い

倦怠期を迎えて別れた方がいいカップルの特徴として、恋人といる時の自分が嫌いということも挙げられます。

恋人といる時の自分が好きで自分を受け入れられればいいのですが、恋人といる時の自分が嫌いであるのであれば別れた方が良いのかもしれません。

恋人と会っている時にたとえドキドキしたとしても会えない時は不安や自己嫌悪に陥ることが多いのであれば、それは幸せになれない恋愛なのかもしれません。

周りに交際を止められる

倦怠期を迎えて別れた方がいいカップルの特徴として周りに交際を止められることが挙げられます。

付き合っている当事者より第三者の方が冷静に判断できることが多いです。

倦怠期を迎えて時は事情を話して相談に乗ってもらうことが良いかもしれません。その相談を乗ってもらった上「別れた方がいい」というのであればなかなかの説得力があるはずです。

その理由を聞いてみましょう。思わぬ話が飛び出てくるかもしれません。

その意見を受け入れるかどうかは試されているのかもしれません。

機嫌の悪さをぶつけられる

倦怠期を迎えて別れた方がいいカップルの特徴として恋人の機嫌の悪さをぶつけられることが挙げられます。

機嫌の悪さをぶつけることであなたのことをコントロールしようとしてくる男性とはとにかく離れた方が賢明かもしれません。

基本的に相手が自分のその原因を見つけられない限りそういうことはこの先も続くということです。

あなたはとても価値のあるもの。他人のご機嫌取りや不機嫌のサンドバックになって言い訳がありません。

恋人の機嫌の悪さをぶつけられるのが多いのであれば別れるのが賢明の判断かもしれません。

恋人に愛されていない感じがする

倦怠期を迎えて別れた方がいいカップルの特徴として恋人に愛されていない感じがすることが挙げられます。

勘違いであればそれでいいのですが、それはもう倦怠期でもなく恋が終わっているのかもしれません。

相手の恋心が終わって「倦怠期であってほしい」と願っている状態です。

もし恋人に愛されていないと感じるようであれば、恋人に直接聞いてみたり確かめてみたりするのが良いかもしれません。

それでダメなら別れましょう。

倦怠期を乗り越える方法とは

倦怠期で別れ用としようとする人もいれば、なんとか関係を続けたい人もいます。

それは相手のことが好きだったり、諦めがつけられなかったり。

倦怠期を乗り越えることができれば大きな絆で結ばれます。

どうすれば倦怠期を乗り越えられるのでしょうか?

ここでは倦怠期を乗り越える方法について紹介します。

倦怠期を受け入れること

倦怠期を乗り越える方法として、まずは倦怠期を受け入れることから始めるようにしましょう。

何年も付き合っていれば倦怠期は必ず訪れるものという事実を受け入れるのがまずは乗り越える上で大切なこと。

恋愛当初のようにいつまでもそのドキドキが続くということはないのです。

穏やかな恋愛関係を目標にする

倦怠期を乗り越える方法の次にしてほしいことが穏やかな恋愛関係を目標にすること。

ドキドキすることが恋愛の全てではありません。なので「穏やかな恋愛関係」を目標にしましょう。

倦怠期を乗り越えるということは、ドキドキの代わりに安心した関係の心地よさを理解するということなのです。

初めはドキドキが足りず物足りないということがあるかもしれません。しかし、ここを受け入れないと同じパターンを繰り返してしまい抜け出せなくなってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「倦怠期を迎えて別れるべきカップルの特徴とは?倦怠期を乗り越える方法も紹介」について紹介しました。

恋愛はどkどきの感情だけで成り立つものだと思わないでください。

少なくとも長続きする恋愛とは穏やかな形をしているものですよ。

あなたに幸せが訪れるように願っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★