「iPhone 15 Pro」の進化スゴい!スペックや新色、価格などのリーク・噂まとめ

9月に登場する見込みの「iPhone 15 Pro」と現行モデル「iPhone 15 Pro」の違いを、Apple専門メディア「MacRumors」がこれまでのリークをもとにまとめています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors(1) ,9to5Mac(1) ,(2)

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 15 Pro」を徹底比較


今回「MacRumors」がまとめた「iPhone 15 Pro」の21個の変更点は、経済紙記者のマーク・ガーマン氏、著名アナリストのミンチー・クオ氏などの信頼できるリーカーからの情報をもとにしたものです。

まずはデザイン・外装について。左が「iPhone 14 Pro」及び「iPhone 14 Pro Max」、右が「iPhone 15 Pro」及び「iPhone 15 Pro Max」のスペックを示しています。


「iPhone 15 Pro」では、フレームの素材がステンレスからより軽量かつ頑丈なチタンに変更されます。また、ディスプレイのベゼル(枠)も狭くなり、画面占有率が向上する見込みです。

そして見逃せない大きな変更がミュートスイッチとLightningポートの廃止。「iPhone 15 Pro」では、代わりにカスタマイズ可能なアクションボタンとUSB-Cポートが搭載されます。

次にカメラについて。カメラに関しては、「iPhone 15 Pro Max」にのみ最大6倍光学ズームのペリスコープ望遠カメラを搭載するとの見方が有力です。


その他、ワイドカメラのセンサーやLiDARスキャナーも変更されるとのこと。

チップ面では、「iPhone 15 Pro」は史上初めて3nmプロセスで設計された新チップ「A17 Bionic」を搭載する予定です。


3nmプロセスチップでは、電力効率や性能の大幅な向上が期待されています。特に「iPhone 15 Pro」の省電力性能については、モデムチップやディスプレイドライバー、UMBチップの変更も相まって大きく向上しそうです。

その他の変更点は以下の通り。充電については、ワイヤレス充電が共通規格のQi2に対応、有線充電が35Wに向上など大幅アップグレードされる見込みです。


ストレージでは最大2TBのオプションが追加され、代わりに128GBのオプションが廃止となります。本体カラーはディープパープルの代わりとして、ダークブルーとダークレッドが登場するとのこと。

価格は100ドル(約1.4万円)値上げされる見込み。日本円にすると「iPhone 15 Pro」が約15.9万円から、「iPhone 15 Pro Max」が約17.4万円からという計算になります。

最近のリークによれば、Appleの「iPhone 15」発表イベントは9月12日(火)に開催され、発売は9月22日(金)になるとのこと。ただし「iPhone 15 Pro Max」モデルは生産に遅れが生じているというリークもあり、他モデルよりも発売が3〜4週間遅れる可能性があります。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す