【サッカー】セルティック史上初!スコットランドで日本人が大暴れ!

ここ近年で日本人選手は海外サッカーへ飛び立っていっていますね。そんな中、スコットランドの名門・セルティックにはたくさんの日本人選手が在籍していますが、そのセルティックのリーグ戦で日本人選手が大暴れをしています!今回は、セルティックに在籍し、この試合に出場した選手の成績を細かく紹介したいと思います!

目次

10月22日に行われたセルティックVSハーツの結果と成績を紹介!

10月22日にスコットランド、スコティッシュ・プレミアシップ第9節が行われ、スコットランドの名門・セルティックとハーツが対戦し、4-1でセルティックの完勝となりました!この結果、セルティックは開幕から引き分けが1つだけで残りは連勝するなど、順調な滑り出しとなり、開幕から負けなしとなっています!

さて、そんなセルティックには古橋享梧・前田大然・旗手怜央・岩田智輝・小林友希の5人の日本人選手が所属し、ハーツには小田裕太郎・田川亨介選手が所属しており、日本人対決も見られたわけですが、結果はセルティックの日本人選手が躍動した結果となりました!

この結果、セルティックは開幕から負けなしの8勝1分け、ハーツは3勝4敗2引き分けとなっています。では、この試合に出場した日本人選手の内容を紹介していきましょう!

勝利したセルティックは日本人選手が大暴れ!その内容を細かく紹介!

22日に行われたセルティックVSハーツの試合で、セルティックは古橋亨梧・旗手怜央・前田大然の3人は先発として名を連ね出場し、岩田智輝はベンチスタート、小林友希はメンバー外となり、ハーツ戦に挑みました!

試合は立ち上がりから動きます!前半4分と開始早々に左サイド開いた位置でボールを受けたルイス・パルマ選手がカットインから浮き球のボールを送り、抜け出したマット・オイラリー選手がダイレクトシュートを放ち、見事なボレーシュートで先制しました!

ここからセルティックは日本人選手が躍動!続く23分に右サイドでパスを受けたオライリー選手が内側に開いたスペースへとスルーパスを出すと、そこへ旗手選手が走り込み、ダイレクトで中央へ折り返しました!そこへ待っていた前田選手がダイレクトで押し込み、リードを広げる今季2ゴール目をあげます!

前半はこのまま終了し、セルティックリードで折り返しました。後半に入ってもセルティックの勢いは止まらず、キックオフ直後にロングボールに反応した前田選手が中央へ折り返すと、そこへ反応した古橋選手がファウルをもらい、PKを獲得!

しかし、キッカーを務めた旗手選手のシュートはGKの逆をつくも、左ポストに嫌われてしまい得点とはならず。それでも、セルティックの勢いは止まらず、51分にもチャンスを作りました!

敵陣左サイドで前を向いたパルマ選手がボールを持ち、右足のアウトサイドでグラウンダーのクロスを送り、そこへ旗手選手とオライリー選手が反応しましたが、惜しくも合わず、と思っていたそこへ中央で待っていた古橋選手が左足でシュートを放ち、見事ゴールネットを揺らします!

その後、ハーツに1点を返され、ハーツも反撃をするかと思われましたが、セルティックの勢いがそれをさせませんでした!ハーツよりもたくさんチャンスを作り続け、81分にはハーツペナルティ内のクリアボールが甘くなったところを交代出場した岩田選手が左足を一閃!見事な一撃が決まり、セルティック移籍後初ゴールをもぎ取り、リードは再び3点となります。

試合はこのままタイムアップとなり、セルティックが6連勝を飾りました!

出場したセルティックの日本人選手の出場内容を確認!

さて、セルティックで出場した日本人選手たちの内容を見ていきましょう!先発出場した旗手選手は66分までプレーし、得点こそなかったものの、見事なアシストを決めました!

古橋選手と前田選手はともに72分までプレーし、前田選手はリードを広げるゴールを決め、古橋選手はセルティックの勝利を決定づけるゴールを取り、点取り屋の仕事を果たしたことになります。

そして、旗手選手と交代で岩田選手は66分からプレーし、さらに勝利を決定づけるゴールを決め、これがセルティック加入後初ゴールとなりました!

メンバーから外れた小林友希選手は次はメンバー入りを目指して頑張ってほしいと思いますね!

一方、ハーツで出場した日本人選手の試合内容は?

一方、セルティックに大敗を喫したハーツに所属する日本人選手の詳細も見ておきましょう。ハーツに所属する小田裕太郎選手はベンチスタート、田川亨介選手はベンチ外となります。

後半13分に小田選手がピッチへと送られ、ピッチ上では日本人対決が実現しますが、なかなか見せ場を作れず苦しんでましたが、後半アディショナルタイムにボックス内で仕掛けたシュートは惜しくも得点とならず、そのままタイムアップとなりました。

この結果にスコットランドリーグ公式も大興奮!

このセルティックで躍動した日本人選手を讃えるかのように、リーグ公式youtubeでは「ジャパニーズ・ハットトリック」として紹介されております。

実は、同一チームでの日本人選手の3人は初めての記録となり、古橋選手がPKを決めていれば4人となっていた可能性もあり、それだけ海外でのインパクトが大きい結果となりました!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す