「MacBook Air」をPro並み性能に、極薄冷却システム「AirJet」がスゴい

M2登載「MacBook Air」にも収まる革新的なファンレス冷却システム「AirJet」について、Apple専門メディア「MacWorld」が解説しています。


*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,MacWorld ,Frore Systems

「MacBook Air」の筐体にも収まる極薄冷却システム


「MacBook Pro」を含むほとんどのノートPCは、チップセットを冷却するためのファンを登載しています。一方で、M2登載「MacBook Air」は薄型形状を保つため、冷却ファンが登載されていません。

Appleは、ファンレスでも駆動するM2チップの電力効率の良さをアピールしていますが、「MacWorld」は、実際は適切な動作温度を維持するため「プロセッサに負荷のかかる作業中はパフォーマンスが低下する」と指摘しています。

Frore Systems社が開発した「AirJet」は、同社が「ソリッドステート・アクティブ冷却チップ」と呼ぶもので、サイズが27.5×41.5×2.8mmと、一般的なコンピューター・ファンよりもずっと小さく薄いことが特徴です。

AirJet is a thin assembly of different materials used to make membranes vibrate. These can be used to create back-pressure to move air in a particular direction across the surface, so drawing in air from an inlet and pushing it out of an outlet. In other words, it does the same job as a conventional laptop fan, but taking up much less space, and using much less power.


— 引用:9to5Mac

訳:AirJetは、膜を振動させるために使用されるさまざまな素材の薄い集合体である。これを使って背圧を発生させ、空気を特定の方向に移動させることができる。つまり、従来のノートパソコン用ファンと同じ働きをするが、場所をとらず、消費電力もはるかに少ない。

「MacWorld」によれば、この薄さのおかげで、M2登載の15インチ「MacBook Air」の筐体内に収めることができたとのこと。このサイズながら、冷却ファンを登載しているM2登載の13インチ「MacBook Pro」と同程度まで冷却することができるそうです。


AirJet can keep the MacBook Air temperature at a proper level so the chip doesn’t have to throttle down. Using the Cinebench R23 benchmark, an off-the-shelf M2 MacBook Air was 7 percent slower than the M2 MacBook Pro. But the modified M2 MacBook Air with an AirJet setup matched the Cinebench score of the MacBook Pro.


— 引用:MacWorld

訳:AirJetはMacBook Airの温度を適切なレベルに保つことができるため、チップはスロットルを下げる必要がない。Cinebench R23ベンチマークを使うと、市販のM2 MacBook AirはM2 MacBook Proより7パーセント遅かった。しかし、AirJetをセットアップした改造M2 MacBook Airは、MacBook ProのCinebenchスコアに匹敵した。

テックメディア「9to5Mac」は、Proモデルとの差別化をはかるため、Appleが実際に「AirJet」のようなシステムを「MacBook Air」に登載する可能性は低いと指摘しています。一方、Frore Systems社はこの技術をPCメーカーに売り込んでいるとのことで、今後「MacBook Pro」のような高性能モデルに登載される可能性はあるかもしれません。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す