【野球】DeNAが〝6年ぶりの快挙〟を達成!!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

11月27日にセ・パ両リーグのベストナインが発表され、横浜DeNAベイスターズが6年ぶりの快挙を達成したと話題を集めていましたね。今シーズン、ベストナインを獲得した横浜DeNAベイスターズの選手達は、タイトルを獲得する驚異的な活躍を見せていました。そこで今回は、横浜DeNAベイスターズでベストナインを獲得した選手たちの活躍と6年ぶりに達成した記録について、解説していきます。

目次

目次

横浜DeNAベイスターズから3選手のベストナイン受賞は、6年ぶり!

横浜DeNAベイスターズから3選手がベストナインに選出されたのは、6年ぶりとのこと。今回の3選手の受賞は、2017年に筒香選手・宮崎選手・ロペス選手が受賞した以来という事もあり、大きな注目が集まっていましたね。

3選手は、セ・リーグでタイトルを獲得しており、チームの中心選手として活躍していました。同チームから、3選手も受賞者を出したチームは、横浜DeNAベイスターズと阪神タイガースのみでしたね。来年以降の、ベストナインで横浜DeNAベイスターズは、再び3選手獲得となるか、注目していきましょう。

投手部門で東克樹投手が受賞

今シーズン、横浜DeNAベイスターズのエースとして活躍した東克樹投手は、投手部門でベストナインを受賞しました。最多勝利数と最高勝率でタイトルを獲得し、初の受賞を手にしましたね。また、横浜DeNAベイスターズで、投手がベストナインを獲得したのは、1998年の佐々木主浩氏以来とのこと。

そして、守備の評価が高い東克樹投手は、ゴールデン・グラブ賞も受賞。また、沢村賞でも最終選考まで残り、あと一歩のところで受賞を逃してしまい、悔しいシーズンとなってしまいましたね。東克樹投手は、トミージョン手術を経て、リハビリ後、大きな成長を遂げています。来シーズン横浜DeNAベイスターズのエースとして、どんな活躍を見せてくれるのか、注目していきましょう。

二塁手部門で牧秀悟選手が受賞

今シーズン、横浜DeNAベイスターズの4番打者として活躍した牧秀悟選手は、二塁手部門でベストナインを受賞しました。牧秀悟選手は、打点王と最多安打の2冠を獲得し、今までに感じたことない程の濃い1年間を過ごしたとのこと。

牧秀悟選手は、WBC日本代表メンバーとしても活躍し、優勝に大きく貢献しました。打撃2冠を獲得した牧秀悟選手は、2年連続2度目のベストナインを受賞したとのこと。果たして、牧秀悟選手は、来シーズンも横浜DeNAベイスターズの4番打者として活躍し、3年連続でベストナインを受賞する事ができるのか、注目していきましょう。

三塁手部門で宮﨑敏郎選手が受賞

打撃の才能溢れる宮崎敏郎選手は、三塁手としてベストナインに選出されました。宮崎敏郎選手は、2度目の首位打者のタイトルを獲得。これらの活躍が評価され、5年ぶり3度目のベストナインに選出されました。宮崎敏郎選手は、バットコントロールに定評があり、4年連続で打率3割台をキープしているとのこと。

また、リーグ最少三振数を記録しているだけではなく、出塁率でリーグ2位を記録し、チームのチャンス作りにも大きく貢献していました。クライマックスシリーズを進出を果たしたものの、日本一に届かなかった悔しさを武器に来シーズンも頑張って欲しいですね。果たして、宮崎敏郎選手は、センスの高い打撃でどれだけチームに貢献する事が出来るのか、今後の活躍から目が離せません。

セ・リーグの他の部門ではどの選手が受賞した?

横浜DeNAベイスターズ以外の選手で、セ・リーグのベストナイン賞を受賞した選手は下記の通りです。捕手部門・読売ジャイアンツ大城卓三選手、一塁手部門・阪神タイガース大山悠輔選手、遊撃手部門・中日ドラゴンズ木浪聖也選手、外野手部門・阪神タイガース近本光司選手・広島カープ西川龍馬選手・中日ドラゴンズ岡林勇希選手が受賞しました。

横浜DeNAベイスターズ同様に、阪神タイガースからも3人選出されましたね。今回、ベストナインを受賞した多くの選手は、タイトル獲得者やチームの中心選手として活躍していた選手です。来シーズン以降も、横浜DeNAベイスターズは3選手同時受賞、もしくはそれ以上の選手が受賞していくのか、注目していきましょう。

まとめ

今回は、横浜DeNAベイスターズが6年ぶりに達成した快挙について、解説しました。横浜DeNAベイスターズは、3選手同時でのベストナイン受賞は、2017年ぶりとのこと。今シーズン、エースとして活躍した東克樹投手、パンチ力のある打撃が持ち味の牧秀悟選手、打撃センスの高い宮崎敏郎選手。

この3選手の活躍もあり、横浜DeNAベイスターズは、クライマックスシリーズ進出を果たす事ができましたね。しかし、日本一という目標には届かず、悔しい結果となりました。来シーズンに向けて、今回ベストナインを受賞した3選手以外の選手も、ベストナインに入る活躍を見せ、3人以上の受賞選手が出る日を楽しみにしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次