【野球】オリックス・森友哉選手が〝史上3人目〟の快挙達成!!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

今シーズンからオリックス・バファローズに加入した森友哉選手が、日本のプロ野球界の捕手の中で、史上3人目の大台突破の契約を結び、大きな注目を集めています。森友哉選手は、捕手やDHとして、かなりの好成績を収めた点が評価され、大幅なアップに繋がったとのこと。そこで今回は、森友哉選手が今シーズン記録した成績と史上3人目の大台突破について、解説していきます。

目次

目次

森友哉選手が史上3人目となる年俸4億円突破!

オリックス・バファローズの森友哉選手が契約更改交渉を行い、今シーズンより1億9000万円アップの4億円で契約しました。捕手で年俸4億円突破は、史上3人目とのこと。これまでの4億円突破は、2004年にダイエーに所属していた城島健司氏と2011年に読売ジャイアンツに所属していた阿部慎之助氏のみです。

これらのレジェンド選手に肩を並べた森友哉選手ですが、今シーズンは最低限の活躍だったと振り返っていました。まだまだ現状に満足していない森友哉選手は、これからどこまで年俸を上げる事ができるのか、注目していきましょう。

今シーズンの活躍ぶりは?

今シーズンの森友哉選手は、開幕から捕手としてスタメンの座を掴み取るも、その後は指名打者と併用で試合に出場。シーズン終盤には、ライトとして出場するなど、さまざまなポジションで活躍していました。

そんな森友哉選手は、怪我での離脱があったものの、110試合に出場・打率.294・18本塁打・64打点・OPS.893の成績を記録。また、リーグ最多の17度の決勝打を放つ活躍を見せ、リーグ3連覇に大きく貢献。今シーズンの森友哉選手は、打者として驚異的な活躍を見せた一方、捕手として課題が残るシーズンとなりました。

正捕手を常に狙っている森友哉選手

今シーズン森友哉選手は、捕手として先発出場した試合が56試合でしたが、ライバルである若月選手は、83試合出場と大きく差をつけられてしまいました。今シーズンは、捕手として若月選手に負けてしまったと実感しており、来シーズンは今年以上の出場ができるよう頑張っていくとのこと。

オリックス・バファローズには、若月選手以外にも、若手の有望株と呼ばれている捕手も在籍しており、来シーズン以降はかなり熾烈な戦いが予想されます。打撃だけではなく、守備の精度も上げていか必要がある森友哉選手は、来シーズン若月選手より多くの先発マスクを勝ち取る事ができるのか、注目していきましょう。

捕手のライバルである若月選手と森選手は、2つの賞を別々に受賞していた?

今シーズン、捕手として56試合の出場に留まった森友哉選手ですが、パ・リーグのベストナインに選出されました。そして、ライバルである若月選手は、ゴールデン・グラブ賞を受賞。同じチーム内でベストナインとゴールデン・グラブ賞を2人の選手が受賞するのは、史上初とのこと。森友哉選手は、打線の主軸として活躍。

若月選手は、多くの試合で先発マスクを被り、エースの山本由伸投手を好リードするなど、どちらの選手もチームの優勝に大きく貢献しました。2人の捕手がレベルが高いからこそ、パ・リーグの賞を独占しているのかもしれませんね。来シーズンも、森友哉選手と若月選手の争いから目が離せません。果たして、来シーズンは、どちらの選手が先発マスクを被る機会が多いのか、注目していきましょう。

来シーズンは、攻守で扇の要としての活躍が期待されている森友哉選手

今シーズン3連覇に大きく貢献した森友哉選手は、来シーズン全試合出場を目指して頑張っていくと語っていました。シーズンオフには、後輩の野口選手と共に沖縄に自主トレに行き、キャンプインに向けて調整していくとのこと。また、来シーズンは、2年目になるという点を踏まえ、キャンプから積極的にアピールしていって欲しいですね。

ライバルである若月選手は、FA権を取得したものの、残留する事を明言しており、来シーズンも強力なライバルになることは、間違いありません。森友哉選手は、打撃のポテンシャルが高い為、さまざまなポジションもこなし、試合に出場できていますが、本人自身は、捕手としての出場にこだわりを持っています。果たして、森友哉選手は、ライバルである若月選手との正捕手争いを制し、全試合出場する事ができるのか、注目です。

まとめ

今回は、日本のプロ野球界の捕手の中で、史上3人目となる年俸4億円の大台を突破した森友哉選手について、解説しました。今シーズンの森友哉選手は、捕手としてベストナインに選出されるも、56試合の出場のみ。ライバルである若月選手は、83試合出場と差をつけられてしまいました。

この差を取り戻すべく森友哉選手は、自主トレやキャンプから積極的にアピールしていき、キャリアハイとなる成績を目指していくとのこと。果たして、森友哉選手は、ライバルである若月選手から正捕手の座を勝ち取り、中軸選手として活躍できるのか、注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次