目ざわりな「穴」をiPhone画面から消し去るテクノロジー

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ノッチやパンチホールのないiPhoneを実現するための技術開発が、本格的に開始されたと韓国メディア「The Elec」が報じています。

*Category:テクノロジー Technology

iPhoneカメラを画面下に登載する「アンダーパネルカメラ」


「The Elec」によると、LGイノテックはカメラレンズの穴が見えない「アンダーパネルカメラ」(UPC)の先行開発に入ったとのこと。


» LG이노텍, 언더패널카메라 선행개발 돌입…애플 대응 추정

このモジュールはiPhoneに登載されることを見据えて開発されているとのこと。UDCはその名の通りディスプレイの下にカメラを登載する技術で、カメラを起動していない間は、パンチホールが画面上にみえなくなります。

一方、UPCの課題となっているのが、一般的なフロント・カメラ・モジュールとは異なりイメージ・センサーへの光の供給が少ない点です。これは、ディスプレイ領域を通過する際に光の損失が発生するためで、その結果、画質や輝度が低下する可能性があります。

一部のAndroidメーカーからはすでにUPC登載スマートフォンが登場していますが、この光量が課題となっており、まだ性能は高くありません。例えば韓国サムスンは、折りたたみスマホ「Galaxy Fold」シリーズにUPCを採用していますが、現状ではカメラが400万画素にとどまっています。


これを補うため、LGイノテックは、光学収差を低減し、光学モジュール周辺の光量比を高めて周辺画質を改善できる特殊な「自由曲面光学系」マルチレンズシステムを開発しているとのこと。LGイノテックは昨年12月からこの技術に関する特許を公開していたとされています。


» ‘All-Screen’ iPhone Under-Display Camera Enters Development

また、同じくLGグループ傘下のLGディスプレイもUPCの開発に着手しているとのこと。LGディスプレイは、UPCの光透過率を2023年までに20%、2024年以降は40%まで高め、Appleが期待する標準に近づけることを目指しているとされています。

「The Elec」によれば、AppleはこのUPCを登載したiPhoneが登場するのは「2026年以降」になる見込みです。

なお、ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏は以前、iPhoneシリーズのディスプレイ開発のロードマップを公開していました。




» Ross Young(@DSCCRoss)

ロードマップによれば、AppleはUPCを採用する前に、2025年の「iPhone 17 Pro」で画面下Face ID技術を採用するとされています。このロードマップ通りに計画が進めば、2027年には画面下にカメラとFace IDを登載した「穴なしiPhone」が登場することになりそうです。

関連情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次