【話題】僅か1安打でも〝声〟で現状維持を勝ち取ったプロ野球選手が!!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

今シーズンからオリックス・バファローズに加入し、第3の捕手として一軍に帯同していた石川亮選手。限られた試合数しか出場できなかった状況ですが、声でチームに貢献したと評価され、年俸は現状維持で契約しました。そんな石川亮選手は、オリックス・バファローズの首脳陣から好評価とのこと。そこで今回は、なぜ、石川亮選手の声が、首脳陣から高い評価を得ているのか、解説していきます。

目次

目次

声で現状維持の契約となったオリックス・バファローズの石川亮選手

今シーズンからオリックス・バファローズに加入した石川亮選手は、ベンチからの声で、現状維持契約を結びました。石川亮選手は、シーズンのほとんどで1軍に帯同しており、オリックス・バファローズの第3の捕手として、チームを支えていましたね。

捕手として、高い能力を持っているものの、オリックス・バファローズには、若月選手と森選手の高い壁があり、なかなか乗り越える事が出来なかったとのこと。果たして、来シーズンは、ベンチからの声に加え、グラウンド上でも声を武器に活躍してほしいですね。

今シーズンの活躍ぶりとは?

今シーズンの石川亮選手は、14試合に出場し、打席に立ったのは11打席。ヒットは、わずか1本で打率.091と、成績だけ見てしまうと減俸になってもおかしくありませんね。また、石川亮選手は、ほとんどの期間1軍に帯同しており、2軍に落ちたのは10日間のみ。

3番手の捕手として、常に試合に出れる準備は行なっており、万全な状態でベンチにいたとのこと。石川亮選手には、3番手の捕手としてチームを支えるだけではなく、来シーズンは、1番手の捕手として活躍できる準備を行い、活躍している姿を見てみたいですね。

常に監督の横に定位置をキープしていた石川亮選手

3番手の捕手として、常に試合に出れる準備を整えていた石川亮選手は、ベンチにいる際は、中嶋監督か水本ヘッドコーチの横が定位置だったとのこと。首脳陣達がどのような会話をし、どういった戦術を取るのかを少しでも学ぶために、定位置をキープしていました。

恐らく、コーチ陣からは邪魔に思われてしまっているかもしれないが、それでも学びたいという意欲が勝ち、常に横にいたとのこと。シーズンを通して、首脳陣達の会話を聞き、学んできた石川亮選手は、1年で大きな成長を遂げたと思います。この経験を武器に、オリックス・バファローズの正捕手へと成長していってほしいです。石川亮選手の今後の成長が楽しみですね。

首脳陣や選手から高い評価を得ている石川亮選手

石川亮選手は、ベンチで首脳陣から学びを得ているだけではなく、声掛けやチームメイトの活躍を誰よりも喜ぶ姿を見せ、ベンチの盛り上げ役としても、チームに貢献していました。石川亮選手は、中継ぎ投手への声掛けなども行なっていたとのこと。選手達も声掛けや活躍を喜んでくれると、かなり励みになり、また頑張ろうと思えたのかもしれませんね。

それらの声掛けが球団の管理部長やチームメイト・首脳陣から高い評価を得ており、チームに欠かせない存在だったとのこと。声掛けは、数字では表れない部分ではありますが、チームにとっては、必要不可欠です。来シーズンは、どういった声掛けで、チームを盛り上げていくのか、注目していきましょう。

今シーズン、現状維持となったものの、悔しさも味わった石川亮選手!

今シーズン、石川亮選手は、チームメイトへの声掛けなどで高い評価を得て、現状維持となったものの捕手としては、かなり悔しい思いを味わったとのこと。石川亮選手は、プロ野球選手である以上、試合に出てナンボと語っており、悔しさが残るシーズンとなりました。また、同学年の森選手と若月選手の凄さを間近で実感した石川亮選手は、少しでも近づけるよう頑張っていくと語っていましたね。

石川亮選手は、来シーズンに向けて、同学年の2人に少しでも近づけるよう、オフにしっかりと準備していくとのこと。同学年の2人は、ベストナインやゴールデングラブ賞を獲得している選手の為、乗り換える壁はとてつもなく高いですが、少しずつ登っていき、いつかは2人を超える選手になってほしいですね。今シーズンは、現状維持で終わりましたが、来シーズンは年俸アップの条件が提示されるよう、頑張ってほしいです。

まとめ

今回は、14試合の出場でヒットわずか1本ながら、現状維持の契約を結んだオリックス・バファローズの捕手石川亮選手について、解説しました。石川亮選手は、ほとんどの期間1軍選手としてチームに帯同し、声掛けなどで、チームを支えていましたね。

また、ベンチでは常に首脳陣の横をキープしており、戦術面などの勉強をしていたとのこと。そんな石川亮選手は、森選手と若月選手と同学年ということもあり、かなり意識しています。2人の高い壁を乗り越え、正捕手の座を掴めるよう、頑張ってほしいですね。このオフシーズンに、しっかりと調整し、来シーズンは1軍での試合数を増やしていき、活躍できるよう、応援しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次