SkyDriveを使えば、iPadからWord/Excel/PowerPoint書類が作成できる!

AppBank の主任です。Office Web Apps というサービスをご存知でしょうか?

このサービスは SkyDrive という、Microsoft が運営するオンラインストレージから利用できるもの。Google ドライブの Microsoft 版で、無料で利用できます。

Office Web Apps


これを使えば、なんと iPad なら新たに Word/Excel/PowerPoint の書類を作成できます!残念ながら iPhone からは編集できませんが、閲覧は可能です。

PC 版の Office に比べると互換性が完全ではない・動作が重いといった点もありますが、ちょっと編集したり、ファイルを閲覧したい時には大変重宝するサービスです。

利用にはMicrosoftアカウントが必要

SkyDrive・Office Web Apps を使うには Microsoft アカウントが必要。Outlook.com やHotmail、Windows Live の ID でもログインできます。

iPhone でメールをプッシュ受信できる Outlook.com と同じアカウントで利用できるので、まだお持ちでない方はぜひ作成してみましょう。

アカウントの詳しい作成方法はこちらです。
Outlook.comの使い方: アカウントの作成方法・プッシュ受信できるメールの設定方法。

ご紹介しているのは Outlook.com の場合ですが、作成方法は SkyDrive でもほぼ同じです。PC での作成がオススメです。

iPadのSafariからOffice文書を作成できる!

iPad の Safari で以下のウェブページを開き、SkyDriveにログインします(SkyDrive アプリは使いません)。
SkyDrive

Office Web Apps


ログインすると、このようなウェブページが表示されます。

Office Web Apps


【+ 作成】をタップすると、作成するファイルの種類を選べます。

Office Web Apps


先ほど選んだファイルの種類に応じたアプリが起動。若干、反応は遅いですが文章・数値を入力できる状態になります(画像は Word Web App)。

Office Web Apps


範囲選択は【○】をタップしたまま動かすことで行います。【○】をタップすると、書式等を変更できます。

Office Web Apps


Excel Web App

関数を使ったり…

Office Web Apps


グラフも作成できます。

Office Web Apps


PowerPoint Web Apps

テンプレートに沿ってスライドを作成できます。アニメーションの設定も可能です。

Office Web Apps


後述する方法でファイルをアップロードすれば、PC で作成した Word・Excel・PowerPoint のファイルを閲覧・編集することもできます。

iPhoneはOffice文書の閲覧が可能

iPhone の場合も Safari で SkyDrive にログインします。SkyDrive の公式アプリは使いません。
SkyDrive

左:SkyDrive のファイルがリストアップされます。
右:タップしてファイルを開くと、その内容を表示。

Office Web Apps Office Web Apps


iPad の時のように文書を作成・編集することはできません。また、内容の表示方法も iPad とは異なり、スマートフォンに最適化された形となります。

PCからファイルをSkyDriveにアップロード

PC のウェブブラウザで SkyDrive にログインします。
SkyDrive

【アップロード】をクリックして、ファイルを選びます。

Office Web Apps


アップロードが完了すると、SkyDrive 上にファイルが現れます。

Office Web Apps


Office Web Appsでは出来ないこと

Office Web Apps は PC 版の Office と異なる部分があります。PC 版では利用できても、Office Web Apps では利用できない機能もあります。

また、表示の互換性も 100% ではなく、Office Web Apps で表示すると一部のレイアウトが崩れたりする場合があります。

詳しくは以下のウェブページをご覧ください。

参考

この他のサービス・アプリの使い方も要チェックです!

▲ 参考になったら押してみよう! ▲

AppBank 全力プッシュ!

オススメ