2011年発表のiPad 2がまだ販売され続ける理由は「人気と利益」?

AppBank の主任です。

AllThingsD によると、2011年3月に発表された iPad 2 が今日も販売され続ける理由は2つあるようです。

iPad 2 写真


3万9,800円で販売される iPad 2 は、その価格が iPad Air と1万2,000円、さらに Retina Display を搭載した第2世代 iPad mini とは2,000円ほどしか違いません。

にもかかわらず、今日に iPad 2 を買うユーザーはいるのだろうか?という疑問の声が、先日の iPad 発表イベントから聞かれるようになりました。

AllThingsD はそれでも販売が継続される理由として「人気」と「高利益」である点を挙げています。どういうことなのでしょうか?

iPadファミリーの価格一覧

まず今後販売される、あるいは現在販売されている iPad の価格をまとめます。

機種 容量 価格(Wi-Fi版) 価格(Cellular版)
iPad Air 16GB 5万1,800円 6万5,800円
32GB 6万1,800円 7万5,800円
64GB 7万1,800円 8万5,800円
128GB 8万1,800円 9万5,800円
iPad 2 16GB 3万9,800円 5万3,800円
iPad mini Retinaディスプレイモデル 16GB 4万1,900円 5万5,800円
32GB 5万1,800円 6万5,800円
64GB 6万1,800円 7万5,800円
128GB 7万1,800円 8万5,800円
iPad mini 16GB 3万1,800円 4万5,800円

iPad 2はまだまだ人気の機種?

以下の表は、アメリカ国内での iPad の販売台数を Consumer Intelligence Research Partners が調査してまとめたものです。

iPad 2 に注目すると2012年12月から翌年9月までの間に 20%以上、時には 30% 以上を占めています。

iPad


(画像引用元:Why Is Apple Still Selling the iPad 2? Because It Can. – John Paczkowski – News – AllThingsD

第四世代 iPad・初代 iPad mini に比べると占める割合は低いものの、iPad 2 は一定の人気を維持し続けていることが分かります。

より具体的には教育現場のほかに、経費を抑えつつ iPad を導入したい企業で人気を博している、と AllThingsD は伝えています。

iPad 2に新たなライバル登場か

とはいえ、iPad 2 は「最も安い iPad の座」を初代 iPad mini に譲ってしまいました。初代 iPad mini の価格は iPad 2 よりも8,000円安い、3万1,800円です。

安さでは負けますが、iPad 2 には9.7インチ液晶という武器があります。今後は、この点が初代 iPad mini との比較でどう評価されるのかに注目です。

仮に売上が芳しくなれば、あるいは iOS 8 の動作条件が iOS 7 以上になれば、iPad 2 は来年にも販売終了となるかもしれません。

iPad 2は利益率が高い製品?

iPad 2 は発表から2年半が経過しています。このように長期に渡って生産・販売され続ければ設備投資の費用を回収できるだけでなく、それ以上の利潤をもたらします。

さらに部品の調達費用・生産にかかるコストも削減できていると考えられるので、iPad 2 は iPad の中でもっとも利益率が高い製品と言えるかもしれません。

AllThingsD も iPad 2 の販売が継続される理由として、この点も指摘しています。

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ