iPhone用ゲームコントローラ「MOGA ACE POWER」が米国で発売。

6月に Apple が発表した仕様に基づいて開発されたゲームコントローラ「MOGA ACE POWER」が初めてアメリカで発売されました。

MOGA ACE POWER


(画像引用元:米 Apple Store)

見た目通り、ゲーム用コントローラで iPhone を装着して使います。Lightning コネクタを介して対応するゲームを操作できるほか、iPhone の充電もできます。

MOGA ACE POWERで出来ること

iOS 7 をインストールしている iPhone 5/5c/5s のほか、第5世代 iPod touch で利用できるゲームコントローラです。

操作に使えるのは、2つのアナログスティック・L1/L2 ボタン・R1/R2 ボタン・D パッド(十字キー)・4つのアクションボタン・ポーズボタンです。

ただしコントローラで操作できるのは、Apple が公開している仕様に基づいてゲームコントローラへの対応を行ったアプリに限られます。

Touch Arcade では、「Dead Trigger 2」「Bastion」「LIMBO」「Oceanhorn」で実際に MOGA ACE POWER を使った動画を公開しています。

iPhone/iPod touch とは Lightning コネクタで接続。この状態ではイヤホンを接続できないので、コントローラにイヤホンジャックが設けられています。

MOGA ACE POWER


(画像引用元:米 Apple Store)

ロックボタンも使えないため、その代役を果たすボタンも備わっています。

コントローラには 1,800mAh のバッテリを内蔵。iPhone/iPod touch を充電できます。残量は LED でチェックでき、スイッチで充電機能をオフにすることもできます。

価格

アメリカの Apple Store では99.95ドル(約1万円)で販売中。

現時点では日本の Apple Store では販売されておらず、販売予定があるのかは不明です。

コントローラの長所とは?

画面をタップするのではなく、物理的なボタンを押すので操作ミスが少なくなります。

iPhone をコントローラごと持つので、画面を広く使える点も魅力的です。

一方でコントローラでの検証が行えなかったためか、アプリによってはコントローラの反応が良過ぎたり、移動に使えるのが十字キーのみだったりと不便な面もあるようです。

これらの問題はゲームコントローラの普及に伴い、今後改善されると見られます。

Logicoolもコントローラを開発中

リーク情報によれば、Logicool(アメリカでは Logitech)も Apple が公開した仕様に基づいてゲームコントローラを開発中です。

MOGA のコントローラと同時期に発売されると言われていたので、開発が順調に進んでいれば年内にも発売されると見られます。

Apple が iOS 7 でゲームコントローラを正式サポートしたことで、対応コントローラ・対応アプリが今後増えていきそうです。

参考・画像引用元(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ