【Ingress】世界中のポータル情報が見られる『IntelMAP』を使おう!

お出かけ前や作戦を立てるときは、IntelMAP(インテリジェンスマップ)を使いましょう!

IntelMAP - 01


Googleが運営しているリアル陣取りゲーム、『Ingress』。

スキャナーで見られるのは狭い範囲だけなので、少し離れるとポータルの位置や情報がまったくわかりません。

そこで便利なのが、Ingress Intel Mapです。

簡単に言うと『GoogleMAP』のIngress版で、iPhoneやPCからブラウザでチェックできます。

IntelMAPは、検索した場所のポータル情報やレゾネーターが設置されている本数、リアルタイムで貼られているCF(コントロールフィールド)などがわかります。

週末にポータルが多い場所にお出かけするときや、チームで大きなCFを作るときに便利ですよ!

Ingress Intel Map

爆速で検索するなら→「IntelMap Transfer」

現在地を爆速表示できるiPhoneアプリ→『Nearby Map for Ingress』

IntelMAPを使おう!

iPhoneのSafariでIntelMAPにアクセスしました。基本的な使い方はGoogleMAPと同じです。

ただ、Ingressの世界に最適化されています。ポータルの位置はもちろん、ポータルに設置されているレゾネーターの数もわかります。

円から出ている「T字」の数が、レゾネーターが設置されている数です。

IntelMAP - 02
IntelMAP - 03


ポータルをタップすると、詳細がみられます。名前やポータルレベル、レゾネーターの耐久値も確認できますよ。

IntelMAP - 04
Ingress sss - 82


いろんな場所のポータルをチェックできるのはいいですね。「週末どこ行こうかな?」というときに調べられます。

現在地表示や検索もできます。

IntelMAP - 09
IntelMAP - 10


先日遊びにいった「水沢観音」をチェックすると、一面緑で埋め尽くされていました。

どれくらい大きなCFなのか、ちょっと広範囲から見てみましょう。MAP右側の【+】と【−】をタップすると、拡大・縮小できます。

Ingress sss - 83
IntelMAP - 08


Ingressをいろんな場所でプレイするときは、IntelMAPをうまくつかいましょう!どんどん世界が広がりますよ!

IntelMAPはこちらからアクセス→Ingress Intel Map

爆速で検索するなら→「IntelMap」への場所検索が爆速になる「IntelMap Transfer」が超便利!!

iPhoneアプリで現在地を表示できる→iPhoneから爆速で『Intel Map』が使えるアプリ『Nearby Map for Ingress』が超便利!

Ingress ・開発: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 48.9 MB
・バージョン: 1.66.0

Ingress遊び方まとめ

遊び方や詳しい言葉の意味、最新情報はこちらをチェックしてください!

Ingressの遊び方・最新情報まとめ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!