iPhoneのバッテリーの持ちが悪いときに見直したいこと【iOS 9対応】

iPhoneを速く充電する方法を検証してみました。
iPhoneを速く充電するには? 実験で確かめてみた

(2016年10月24日 追記)

———

バッテリーにお悩みの方はチェックしてみましょう。

iOS 9


iPhoneを普通に使っているはずなのに、すぐバッテリーが無くなってしまう・・・。

そんなときはiPhoneの設定や使い方を見直すことで、バッテリーの持ちが良くなるかもしれません。さっそく11個のチェック項目を見ていきましょう。

1. iOS 9にアップデートする

iOS 9ではシステムの各機能が見直され、消費電力を減らすための改良が行われました。これにより、バッテリーの持ちが最大1時間は長くなっています。

iOS 9


さらに、iOS 9にはバッテリーの持ちを改善する機能がいくつか盛り込まれています。この機会にアップデートしてみてはいかがでしょうか。
『iOS 9』が正式リリース!
【iOS 9】アップデートしたいけど空き容量がないときはiTunesを使う

2. 再起動する

最後にiPhoneの電源を切ったのがいつか分からない、あるいは切ったのが随分前だというときは、再起動してみましょう。

iOSやアプリにエラーが起こり、処理が終わらないことがあります。再起動することで処理を終わらせ、正常に戻すことができれば消費電力を減らせます。

iOS 9
ホームボタンを2回連続して押し、すべてのアプリを終了させます。

アプリを上にスライドして指を離しましょう。


iPhoneの電源ボタンを長押しすると「スライドで電源オフ」というバーが現れます。これを右にスライドすると、電源がオフになります。

電源オフ


ホームボタンを押しても何も表示が出ないことを確認したら、電源ボタンを押します。Appleロゴが表示され、そのあとにロック画面が現れたら再起動は完了です。

3. 使わないときはiPhoneの画面を下にする(iOS 9限定)

iPhoneをロックして置いておくときは画面を下にしましょう。この状態だと通知を受け取っても画面はオンにならないので、節電につながります。

20150925_iPhonenews6_n - 1


注意したいのは置く場所です。砂粒などの硬いものがあるところに置くと、iPhoneのディスプレイに傷が付く恐れがあります。

iOS 9がインストールされている、iPhone 5s・iPhone 6/6 Plus・iPhone 6s/6s Plusが対応しています。

4. 低電力モードを使う(iOS 9限定)

消費電力をカンタンに減らすなら、iOS 9の新機能『低電力モード』を使いましょう。

メールの取得・Appのバックグラウンド更新・自動ダウンロード・一部の画面効果を減らすかオフにすることで、バッテリーの持ちを最大3時間延ばします。

設定アプリの【バッテリー】を開き、【低電力モード】をオンにしてください。この画面でいつでもオン・オフを切り替えられます。

iOS 9


低電力モードがオンになっているあいだは、バッテリーの残量ゲージが黄色になります。

iOS 9


5. ディスプレイの明るさを調整する

ディスプレイの明るさを自動調整するようにしましょう。iPhoneを使う場所の明るさに応じて、ディスプレイの明るさを最適に調整するので無駄がありません。

iOS 9


自動調整を無効にして、明るさを下げる方法もあります。

6. Wi-Fiを使う

Wi-Fiが使える場所では積極的に使うようにしましょう。3GやLTE回線に比べ、Wi-Fiの方が消費電力は少ないためです。

iOS 8


7. 設定の【バッテリー】を確認する

ここからは、より細かく設定したい方に向けたチェック項目になります。

設定アプリの【バッテリー】を開きましょう。バッテリーを消費しているアプリや設定がわかります。

iOS 9


なかでもパーセンテージが高い項目に注目しましょう。項目名やその下に表示されているメッセージによっては、設定で消費を抑えられるかもしれません。

メッセージ 改善策 影響
バックグラウンド処理 設定アプリの【一般】→【Appのバックグラウンド処理】で該当アプリをオフ アプリを開かないとデータを取得できない
メールの「バックグラウンド処理」 設定アプリの【メール/連絡先/カレンダー】→【データの取得方法】で「プッシュ」をオフ 新着メールを自動受信しない
設定アプリの【メール/連絡先/カレンダー】→【データの取得方法】で取得間隔を「1時間ごと」や「手動」にする 「手動」ではメールアプリを開いたときに新着メールを確認する
「場所」・「バックグラウンドの場所」 設定アプリの【プライバシー】→【位置情報サービス】で該当アプリをオフ 位置情報を取得できない
ホーム/ロック画面 設定アプリの【通知】で不要アプリの通知をオフ オフにしたアプリの通知が表示されない
「圏外」・「低信号」 3G・LTEの電波が弱い所では機内モードにしてWi-Fiを使う 通話ができない

8. 自動ロックまでの時間を短くする

使わないまま、一定の時間が経過するとiPhoneをロックするのが「自動ロック」です。この時間をなるべく短く設定しましょう。

iOS 9では「30秒」が設定できます。

設定


9. 視差効果とダイナミック・Live壁紙をオフにする

iPhoneを傾けると、合わせて壁紙や表示も動くのが視差効果です。ダイナミック壁紙を設定すると、iPhoneの傾きに合わせてアニメーションします。Live壁紙はロック画面に動く壁紙を設定できます。iPhone 6s/6s Plusで撮ったLive Photosも設定可能です。

いずれもiPhoneを使う上では必要不可欠な機能とは言えません。もし必要なければ、オフにしましょう。こうした効果を省くことで消費電力を減らせます。

視差効果は、設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【視差効果を減らす】で設定をオンにすると停止できます。

設定


iOS 9
ダイナミック・Live壁紙は、設定アプリの【壁紙】で変更できます。静止画を設定しましょう。


10. 不要な通信をオフにする

iPhoneの必要ない通信を抑えれば、バッテリーの持ちも良くなり、3G/LTE回線のデータ通信量を減らすことにも繋がります。

設定アプリの【App StoreとiTunes Store】を開きます。そこにある自動ダウンロードをオフにしましょう。

iOS 9


「ミュージック」と「App」は新たに購入・入手した曲やアプリの自動ダウンロード、「アップデート」はアプリの自動アップデートを指します。

さらに設定アプリの【モバイルデータ通信】で、3G/LTE回線での通信が必要ないアプリの設定をオフにしましょう。Wi-Fi接続時にはデータ通信が行えます。

iOS 9


11. コンテンツブロッカーを使う(iOS 9限定)

Safariでウェブページを見る・読む場合、サイト管理者がユーザーの動向を調べられるサービスや広告などを非表示にすることで、読み込み時間とデータ通信量を削減できます。

これを実現するのがiOS 9の『コンテンツブロッカー』です。読み込み時間とデータ通信量を削減できれば、その分だけ消費電力を減らせるかもしれません。

Safari


この機能に対応するアプリをiPhoneにインストールする必要があります。以下のページでまとめてご紹介しています。
iPhoneのSafariで広告をブロックする『コンテンツブロッカー』まとめ(随時更新)

ぜひ一度、iPhoneの設定を見直してみてください。

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ