【ソフトバンク】被災地域で通信速度制限を撤廃

ソフトバンクが、平成28年熊本地震の被災地域でデータ通信の速度制限を撤廃することを発表しました。

ドコモも同様の措置を発表しています。
【ドコモ】被災地で通信速度の制限を解除

適用される範囲

平成28年熊本地震で災害救助法が適用されている地域が契約者住所、あるいは請求書送付先住所であるソフトバンクの契約について、速度制限が自動的に撤廃されます。

災害救助法の適用地域は、内閣府のウェブサイトで確認できます。

災害状況 – 内閣府

上記の条件に当てはまり、すでに速度制限がかかっている場合は順次解除されます。

速度制限の撤廃は2016年4月30日に終了します。

ソフトバンクによると、4月18日時点で熊本県・大分県の一部地域ではソフトバンクのサービスが利用しづらい状況が続いています。不要不急の通信・通話は控えましょう。

災害用伝言板・無料Wi-Fiも提供中

安否確認の手段として、ソフトバンクなどの携帯3社は災害用伝言板を提供中です。
【安否確認】ドコモ、au、ソフトバンクが熊本地震で災害用伝言板を提供開始

パソコンからも災害用伝言板が使えます。
パソコンから利用できる災害用伝言板【web171】

各社の公衆無線LANサービスも無料開放されています。ネットワーク名は「00000JAPAN」です。
九州地方で、大手3社がWi-Fiスポット無料開放

参考

平成28年熊本地震で被災されたお客さまを対象にした追加データ購入料金の無償化などについて | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ