iCloudの参加依頼スパムをiPhoneのカレンダーに表示させない方法

参加依頼スパムの削除・報告ができる機能が追加されました。
iCloudカレンダーの参加依頼スパムを消す方法

———

カレンダーアプリ


カレンダーを『iCloud』と同期していると、予定への参加依頼を悪用したスパム(迷惑メールのようなもの)が届くことがあります。

もしスパムが届いても、カレンダーに表示・通知させない方法があるのでご紹介します。

すでに表示されている参加依頼スパムを消す方法はこちら。たとえば「欠席」と返事をすると、スパムがかえって増える恐れがあります。
【iCloud】迷惑な「招待」が届く時の対処法

iCloudの参加依頼スパム対策

iCloudのある設定を変えることで、カレンダーアプリがスパムを表示したり通知したりしなくなります。

残念ながら、この設定はiPhoneから行えません。Safariのほかに『Chrome』や『Sleipnir』も試しましたが設定できませんでした。

PCのブラウザで「iCloud.com」を開きます。

https://www.icloud.com

アドレスバーでAppleのウェブサイトであることを確認してください。

Safariのアドレスバー


iPhoneでお使いのApple IDでログインします。

iCloudへサインイン


© 2016 Apple Inc.

【カレンダー】を開きます。

iCloud.comのカレンダー


© 2016 Apple Inc.

ウィンドウ左下の歯車のボタンをクリックし、さらに【環境設定】をクリックします。

カレンダーの環境設定


© 2016 Apple Inc.

【詳細設定】をクリック。

カレンダーの環境設定


© 2016 Apple Inc.

「参加依頼」の【○○@○○.comへメールを送信】を選び、【保存】をクリックします。

カレンダーの環境設定


© 2016 Apple Inc.

最後にウィンドウ右上のユーザー名をクリックし、【サインアウト】をクリック。これで設定は完了です。

iCloudからサインアウト


© 2016 Apple Inc.

スパム対策を行うと何が変わる?

設定を行うと、それ以降は全ての参加依頼がカレンダーアプリに表示されたり、通知されたりしません。

代わりにApple IDに関連づけられているメールアドレスに、スパムを含む全ての参加依頼がメールで届くようになります。

このメールの【参加】・【欠席】・【仮承諾】をタップすれば返事ができます。

参加依頼(メール)


© 2016 iTunes K.K.

ただし参加依頼の内容がスパムであれば、わざわざ返事をする必要はありません。

参加・欠席・仮承諾のいずれかを押すと、相手はその内容を確認できます。それを見て、Apple IDが使われていることを知り、さらにスパムを送ってくる恐れがあるからです。

参加依頼スパムそのものを無くすことはできませんが、少なくともカレンダーに迷惑な参加依頼が並ぶことはなくなります。スパムにお悩みの方はぜひお試しください。

参考

Getting spam invitations in your iCloud Calendar? Here’s the fix! | iMore

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ