Command-C:コピーだけの簡単操作で iPhoneやMac間でテキストや画像を共有できるアプリ。

複数のデバイスで作業するビジネスマンは持っておくべきですよ。

commandc - 04
commandc - 05


長いテキストをPCで作成し、iPhoneで持ち出す。PCで見ていたサイトのURLをiPadへ送りたい。
デバイスを複数使っていると、その間でデータ共有したい場面は多いですよね。

そんな時はCommand-Cを使えば、コピー→ワンタップで共有ができてめっちゃ便利です。

特にビジネスシーンで活用することが多そうなこちらのアプリ、さっそくご紹介します。

使うデバイスを連携する

commandc - 01
このアプリはiPhone,iPad用のアプリとMac用のアプリがあります。まずは共有したいデバイスすべてにアプリをダウンロードしましょう。

同じWi-Fiに接続していて、Command-c入れているデバイスが自動で検出されます。


commandc - 03
デバイスの連携は承認制になっているので、関係のないデバイスに情報が漏れてしまう心配もありません。

私はMac、iPhone、iPadを連携しました。他のデバイスでも同じよう承認して準備完了です。


テキストを共有する

まずはiPhoneからiPadへテキストを共有してみます。

共有したいテキストをコピーしたら、Command-Cを起動し共有先である「fan_iPadAir」を選択。
共有中のアニメーションが表示されます。

commandc - 04
commandc - 05


iPad側に共有完了の通知が届きました。

commandc - 06


テキストを貼り付けたいアプリを起動し、ペーストして完了です。

共有した時点でクリップボードにコピーされた状態なので、受け取るデバイス側ではCommand-Cを起動する必要はありません。

commandc - 06


MacからiPhoneへ共有する

Macからの共有はもっと簡単です。まずは共有したいデータをコピーします。

commandc - 08


メニューバーに常駐するタイプのアプリなので、そこから「iPhone5s」を選択するだけです。Mac→iOS間はまだAirDropが使えないので、これはいい!

commandc - 09


commandc - 11
長いテキストをiPhoneで打つのは一苦労なので、とても便利ですよね。


画像の共有もできる

commandc - 12
テキストだけでなく、画像やURLも共有できます。

こちらはiPhoneからMacへ画像を共有する場合です。
画像を選択して、テキストと同じようにCommand-CからMacを選びます。


どんなデータが共有されたか、通知でわかるのもいいですね。

commandc - 13


commandc - 14
画像もメール添付で送るより早くて簡単です。


それぞれのアプリもすっきりとしたデザインで、直感的にすぐ使えるのがいいですね。複数デバイスを使用している方はぜひ使ってみてください。


おすすめ iPhone アプリ
Command-C ・開発: Danilo Torrisi
・掲載時の価格: ¥400
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 3.9 MB
・バージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!