ついにiPhoneとMac間で「AirDrop」が使えるぞ! 写真や動画の転送が超カンタンにできる!

「AirDrop」がついに、iPhoneとMac間で使えるようになりました。

Yosemite - 4


OS X Yosemiteがリリースされ、本日17日からダウンロード可能になりました。

新機能の中でも便利なのが「AirDrop」です。iPhoneとMac間でかんたんにデータを転送できます。

待ってました!では、実際にやってみよう!!!

Apple新製品発表会まとめはこちら
Apple新製品発表会まとめ。Touch ID搭載のiPad Air 2、RetinaディスプレイのiMacも!

iPhoneとMac間で、簡単にデータを転送!

Appleのデバイス同士で、かんたんに写真や動画を転送できる機能が「AirDrop」です。

今まではiPhone同士のみ、Mac同士のみで使える機能でしたが、ついに、iPhoneとMac間でも使えるようになりました!

これは、iOS 8以降のiPhoneやiPadと、OS X YosemiteのMacで利用できる機能です。

iPhoneから写真を送ってみよう

AirDropを使って、iPhoneからMacに写真を送ってみましょう。

Macでは、FinderのAirDropを開いて待機します。検出する相手は、【全員】または【連絡先のみ】のどちらかを選びます。

141017_yosemiteairdrop - 8


iPhoneの写真アプリから写真を選択し、画面左下のアイコンをタップします。すると、OS X YosemiteをインストールしたMacが表示されます。名前をタップすると・・・

141017_yosemiteairdrop - 1
141017_yosemiteairdrop - 2


Macに写真が届きました!これはスーパー便利な機能だ!!

141017_yosemiteairdrop - 3


もちろん、MacからiPhoneへの転送もできます。
ケーブルを使うことなく写真や動画を送り合える便利機能を、ぜひお試しください!

Apple新製品発表会まとめ

【完全版】Apple新製品発表会まとめ。Touch ID搭載のiPad Air 2、RetinaディスプレイのiMacも!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!