定額制音楽サービス『Apple Music』が登録数1,000万を突破か

幸先の良いスタートを切ったようです。

Apple Music


定額制音楽サービス『Apple Music』が、提供開始から4週間で登録数1,000万を突破したようだ、とニュースサイト『HITS Daily Double』が報じました。Appleはまだ登録数を正式に発表していません。

Apple MusicはiOS 8.4のミュージックアプリから使える、Appleの音楽サービスです。月額980円で数百万の曲を聴けるほか、24時間放送のネットラジオ・アーティストとつながるSNSなどのサービスを提供しています。
Apple Musicに関する記事はこちら

とはいえ、これは無料トライアル期間での登録数です。この期間が終わったあとも、Apple Musicを使い続けてもらえるのかが重要なポイントとなります。

先行する音楽サービスは約26%が有料会員

Apple Musicよりも早い時期から定額制の音楽サービスを提供する『Spotify』は、会員数が7,500万人ですが有料会員はそのうち2,000万人、およそ26%に留まります。

Apple Musicも同様とすると、1,000万人のうち260万人が毎月の料金を支払って使う有料会員になると考えられます。

無料トライアル期間は3ヶ月間

Apple Musicは7月1日にサービスを開始しました。全機能を試せる無料トライアル期間は3ヶ月間なので、当初からApple Musicを使っているユーザーは10月には無料トライアルが終わる予定です。

Appleは、10月以降にどれくらいのユーザーが有料会員になるのかを重視しているものと思われます。

無料会員と有料会員の違い

Apple Musicの無料会員は、アーティストとつながるSNS『Connect』と24時間放送のネットラジオ『Beats 1』が利用できます。

有料会員の場合、無料会員が使える機能に加え、Apple Musicが提供するすべての曲やラジオステーションを聴いたり、iPhoneに曲を保存したりできます。

有料会員の月額料金は980円。6人までの家族が使える、ファミリーメンバーシップの場合は1,480円/月です。

10月までにApple Musicを使い続けるかどうかを決めるためにも、Apple Musicをしっかりと試してみましょう。AppBankでは使い方も紹介しています。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!