【iPhone 6cの噂】省電力プロセッサを搭載? 2016年4〜6月発売か

iPhone 6や『iPhone 6s』に配慮した発売時期でしょうか。

iPhone 5c


iPhone 5cの後継モデルと噂される『iPhone 6c』は2015年内ではなく、2016年4〜6月に発売されるとの噂をウェブサイト『DIGITIMES』が報じています。

4インチの液晶ディスプレイを搭載するiPhone 6cは、バッテリーのリーク写真が公開されたものの、その開発計画は中断されたという噂もあります。
4インチの『iPhone 6c』に続報? 5cより大容量のバッテリー採用か
4インチ『iPhone 6c』は開発ストップ? 4月から痕跡が見当たらず

DIGITIMESが報じた内容をくわしく見ていきましょう。

省電力プロセッサを搭載?

DIGITIMESが半導体業界の情報筋から聞いた話によれば、iPhone 6cには『FinFET』と呼ばれる方式を採用したプロセッサが搭載されるようです。

この方式は消費電力が少ないものの、iPhone 5cのプロセッサよりも処理能力を高められるとしています。

仮にiPhone 6cが4インチの液晶を搭載する場合、サイズはiPhone 5s/5c相当と考えられます。載せられるバッテリーには限りがあるため、処理能力を高めつつ消費電力を削減することは重要です。

シェアの奪い合いを防げるか

金融企業『Cowen and Company』のアナリストTimothy Arcuri氏の分析によれば、iPhone 6cはiPhone 6s発売で値下げされたiPhone 6と競合する恐れがあります。

この問題を避けるために、2016年4〜6月にiPhone 6cを発売することになったのでしょうか。iPhone 6sは2015年9〜10月ごろに発売されると考えられます。

今後もiPhone 6cの続報をご紹介しますので、お見逃しなく!

参考

iPhone 5c successor to feature FinFET chips, say sources – DIGITIMES

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!