『iPhone 6s』は新フロントカメラ搭載か、流出パーツで大型化を確認

よりキレイな自撮り写真が撮れるかもしれません。

2014-09-19iphone6open - 14


iPhone 6s』用とされるフロントパネルの写真を、ウェブサイト『9to5Mac』が公開しました。FaceTimeカメラのほかに、感圧タッチ(Force Touch)用と思われる謎のチップもよく分かります。

記事によると、iPhone 6iPhone 6sではFaceTimeカメラに使われているセンサーの大きさが異なっています。どうやらiPhone 6sの方が大きいようです。

さらに、新しいFaceTimeカメラの画素数にまつわる噂も報じられています。

センサー大型化の効果は

ここでいうセンサーとは、光をデジタル信号に変えるイメージセンサーだと考えられます。この装置が大型になると、より多くの光を取り込めるようになります。

今回のフロントパネルが本物であれば、室内などの多少暗い場所でもノイズの少ない写真が撮れるようになるかもしれません。

iPhone 6s


(画像:9to5Mac

500万画素になる?

iPhone 6のFaceTimeカメラは画素数が120万画素ですが、iPhone 6sでは約4倍の500万画素になるとの噂をウェブサイト『M.I.C. Gadget』が紹介しています。

画素数が増えれば撮れる写真のサイズは大きくなるので、いままでは分からなかった細部もよく判るようになります。

簡易フラッシュ機能が追加されるといった噂や、FaceTimeカメラでスローモーション動画やパノラマ写真を撮れるようになるとの噂もあります。正式発表が待ち遠しいですね。
『iPhone 6s』は自撮りカメラも強化? iSightカメラは4K撮影に対応か

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!