【iOS 9】パスコードが6ケタに。100万通りの組み合わせでセキュリティも安心

iOS 9から、パスコードがデフォルトで4ケタから6ケタになりました。

20150917_ios9_passcord1 - 6
20150917_ios9_passcord1 - 8


これまでiPhoneのパスコードはデフォルトでは4ケタの数字でしたが、iOS 9から6ケタになりました。これによってセキュリティが向上したので、さらに安心してiPhoneを使えますね。

アップデートする前にバックアップをとりましょう!
【2015年版】iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法

パスコードを変更しよう

設定の【Touch IDとパスコード】を選び、パスコードを入力します。

20150917_ios9_passcord1 - 1
20150917_ios9_passcord1 - 2


【パスコードを変更】から古いパスコードを入力します。

20150917_ios9_passcord1 - 3
20150917_ios9_passcord1 - 4


新しいパスコード入力の画面で、6ケタのパスコードを設定します。ここで設定した6ケタのコードは、ロック解除で使用します。

20150917_ios9_passcord1 - 5
20150917_ios9_passcord1 - 6


6ケタになったことで、100万通りの組み合わせに増加したそうです。

英数字や4ケタの数字での設定方法

これまで通りの4ケタの数字や、英数字でパスコードを設定することもできます。

英数字のパスコードを設定するには、パスワード変更の画面で【パスコードオプション】を選びます。
オプションは3つあり、設定は以下の通りです。

  • カスタムの英数字コード:アルファベットや数字など自由に組み合わせたパスコード
  • カスタムの数字コード:6ケタ以上の数字のパスコード
  • 4桁の数字コード:これまでの4ケタのパスコード
20150917_ios9_passcord1 - 7
20150917_ios9_passcord1 - 8


パスコードの組み合わせのパターンが増えたことで、かなり安心できますね。複雑なほど推測されにくいので、パスコードを設定してしっかりiPhoneを守りましょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!