iPhone 7でバッテリー容量が増える?

2014-09-19iphone6open - 18


今秋発表のiPhone 7はバッテリーの増量、あるいは本体の軽量・薄型化に役立つ技術を積極的に盛り込むと噂されています。どんなものなのでしょうか?

部品にシールドを施す

噂によると、iPhone 7では電磁シールドを多くの部品に施すとされています。これまでのiPhoneでも部分的に使われてきましたが、導入箇所を増やすようです。

この電磁シールドを施すことで、部品が受ける電波・電磁波による障害を減らせます。Wi-FiやBluetoothでは通信の安定化・高速化にも役立ちます。

基盤を小型化?

電磁シールドは、部品同士を近づけると起こる電磁波による障害も防ぎます。多くのチップにシールドを施せば部品同士の間隔を狭くできるので、基盤の小型化にもつながります。

そのおかげで従来よりも空きスペースが増えるので、バッテリーの容量を増やしたり、本体を軽量・薄型化したりできるのではないか、と考えられています。

とはいえ、今回の噂が事実であるか否かは分かっていません。発売後に行われる、恒例の分解まで待つ必要がありそうです。
【驚愕】早くもiPhone 6sの解体実況が始まる…判明した事実とは

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!