iPhoneの画面の明るさを1タップで切替【Workflow】

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc. 以下同じ

iPhoneにこんな機能があったら・・・」というアイデアは、アプリ『Workflow』を使って現実のものにしてみましょう。

Workflowの紹介はこちら。
iPhoneに欲しい機能は『Workflow』で自作しよう!

今回は画面の明るさを1タップで切り替えられるボタンを、iPhoneの通知センターに追加します。

Workflow関連記事

ワークフローの組み立て方

Workflowでは「アクション」を組み合わせることで「ワークフロー」をつくります。

今回は画面の明るさを変えるワークフローをつくりたいので、それに必要なアクションを探して組み込みます。

まずは空のワークフローをつくります。

Workflow


画面下の【Actions】をタップ。

Workflow


リストから探すこともできますが、目的がはっきりしているなら検索しましょう。【Search Actions】をタップして「br」と入力します。

Workflow


該当するアクションが表示されるので、明るさを調整する【Set Brightness】を長押し。浮かび上がったら指を離さず、画面右にスライドします。

Workflow


これでアクションをワークフローに組み込めます。指を離しましょう。

Workflow


ここでは明るさを最低に切り替えるワークフローをつくるので、つまみを一番左に設定。

Workflow


設定が済んだら、画面右上の歯車ボタンをタップ。ワークフローの設定画面を開きます。

Workflow


ワークフローの名前とアイコンを決めたら完成です。

Workflow


Workflow
アイコンにはカメラロールの写真を設定できるほか、収録されているイラストと色を組み合わせてアイコンを作ることもできます。


ワークフローの実行方法

ワークフローの設定画面で【Today Widget】を選びます。これでこのワークフローは通知センターから実行できるようになります。

Workflow


ほかのアプリと連携させる場合は【Action Extension】を選びましょう。

通知センターに追加する

画面上をタップしたまま下に引っ張ると、通知センターが現れます。画面上の【今日】をタップして【編集】をタップ。

Workflow


「Workflow」横の【+】をタップします。

Workflow


これで通知センターからワークフローを実行できます。試しにタップしてみましょう。

Workflow


Workflow
ワークフローを実行するとWorkflowアプリでそのワークフローが表示されます。完了済みならアプリを閉じても問題ありません。
ワークフローで設定した通り、画面の明るさが最低になったら成功です。


【Set Brightness】アクションを使ったワークフローを別に用意すれば、明るさ0%・明るさ25%というように、明るさをいくつかの段階で調整することも可能です。

Workflow


次回は複雑なワークフローをつくります。お楽しみに!

Workflow: Powerful Automation Made Simple ・販売元: DeskConnect, Inc.
・掲載時のDL価格: ¥360
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 55.9 MB
・バージョン: 1.5.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!