iPhone 8の図面が流出、Touch IDは◯◯に搭載

iPhone 8の図面が流出、Touch IDは◯◯に搭載


iPhone 8の形・寸法を示した図面とされるものが中国のSNSに投稿されました。

iPhone 8の図面

この図面はiPhoneの製造を担うFoxconnから流出したものとされます。『iPhone 7』に比べて画面が大きく、その周りを囲む縁は薄いように見えます。

iPhone 8の図面が流出、Touch IDは◯◯に搭載


画像:9to5Mac

ホームボタンとTouch IDセンサーらしきものは背面に移動。iSightカメラはレンズを縦に2つ並べた形になっています。

Touch IDセンサーは画面に内蔵される形になるとの噂もありましたが、技術的な問題に直面しているとの分析もあります。
iPhone 8にデザイン見直しの可能性

Smart Connectorらしきものは見当たりません。
iPhone 8は『iPad Pro』から◯◯を移植

図面によると、この設計は技術的な問題がないかを確認するテストの第3版。ウェブサイト『9to5Mac』によると、この段階から発売に至るには、さらにデザインテストと製品テストに合格する必要があるそうです。

そもそもこの図面の信憑性は不確かです。以前噂されていた情報から作られた偽の図面ということも考えられます。
ホームボタン廃止のiPhone 8、Touch IDは◯◯に搭載

もし本物だとしても今後のテストに合格できなければ設計は変わるでしょう。また、これがたくさんあるプロトタイプのうちの1つである可能性も考えられます。

iPhone 8のサイズ

図面にはiPhone 8とiPhone 7s Plusのものと思われるサイズも記されていました。

iPhone 8の図面が流出、Touch IDは◯◯に搭載


iPhone 8の厚さが約8.6ミリでiPhone 7/7 Plusよりも厚いですが、これは出っ張るiSightカメラも含めた数値かもしれません。

一方でウェブサイト『Mac Rumors』はガラス・ステンレススチールを使ったボディになったことで厚さが増したのではないか、と分析しています。

iPhone 8の図面の信憑性は?

この図面で記されているiPhone 8は金融機関・投資会社のアナリストによる予測とは相反する部分があり、Mac Rumorsによれば他の情報源からの確認も取れていません。

ただし、これがプロトタイプの1つである可能性はあります。Appleは様々な形・機能を持ったiPhoneのプロトタイプを制作すると言われているからです。

一方、ウェブサイト『AppleInsider』は、iPhone10周年を記念した最上級モデルが『iPhone SE』とほぼ同じ厚さになるとは考えにくいという趣旨の意見を表明しています。

今後、別の情報源からも同様のiPhone 8像が漏れ伝わってくるかに注目です。

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 70.8 MB
・バージョン: 4.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!