【Pixel 4a 実機レビュー!カメラ編】Pixel 4aの夜景モードで、街中の見えない星が撮れた!

コンパクトかつ扱いやすく、価格もお手頃なGoogle純正のスマホ「Pixel 4a」。現代のスマホでは珍しくカメラはシングルですが、その実力はどうなのでしょうか。

また、Pixelシリーズと言えば、まるで暗視カメラのような夜景モードが有名です。今回はそんなPixel 4aのカメラを徹底レビューしていきます!

<関連記事>
【Pixel 4a 実機レビュー】コンパクトな選択ではベスト!Google純正の小型軽量スマホ



Pixel 4aのカメラレビュー!

Pixel 4aのカメラスペックは以下の通り。

  • リアカメラ:12.2MP(f値 1.7/視野 77°)
  • インカメラ:8MP(f値 2.0/視野 84°)

スペックだけを見れば、カメラ性能は特別高いわけではありません。ただ実際に撮影してみたところ、Pixel 4aのカメラ性能はスペック以上に優れているように感じました。

Pixel 4a撮影テスト 日中編

どうでしょうか!等倍では全く問題なく撮れますね。2倍では少し粗が見えますが、十分使える程度のクオリティです。ちなみに撮影したのが夕方なので、全体的にちょっと暗め。

ただ光学ズームではなくデジタルズームなので、7倍だと流石に厳しい印象。色合いは、どちらかというと実際の色に近くなっています。

Pixel 4a撮影テスト 夜景編

こちらは夜景モードではなく通常モードでの撮影。光っている「WESTIN」のロゴがかなり膨らんでしまっています。解像度的にも等倍が限界ですね。

街灯と建物を一緒にとりましたが、こちらは好感触。街灯がかなり明るいのですが、白飛びせずきちんと全体がとれています。

こちらお待ちかねの夜景モードです。夜景モードのほうが少し明るめに撮れますね。

二枚目の画像に、星が写っているのが分かりますか?これ本当に驚いたんですけど、肉眼だとこの星は見えなかったんです。

空だけを撮るとこんな感じ。街の光が強い中で、星がしっかり写っているのが分かります。街明かりの少ない田舎でもなかなか星は撮れないのに、コレは凄い!

ちなみに夜景モードの撮影は通常モードより少し時間がかかります。動いている被写体の撮影にはちょっと向いていないかもしれませんね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!