接触確認アプリ『COCOA』で濃厚接触通知→PCR検査を無料で受診してきた

新型コロナウイルス接触確認アプリ『COCOA』で接触したと通知を受けたため、PCR検査を受診してきました。

接触通知が届けばPCR検査は無料


新型コロナウイルス接触確認アプリ『COCOA』から「COVID-19 にさらされた可能性があります」とのプッシュ通知が届くも、アプリを起動すると「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されました。
接触確認アプリ『COCOA』で接触プッシュ通知が届くもアプリ開くと「接触なし」表示

ただし接触のログ記録で「一致したキーの数」が「1」になっていたため、接触したと判断して地域の新型コロナウイルス感染症相談ダイヤル(帰国者・接触者相談センター)に電話したところ、PCR検査を無料で受診できることになりました。

この記事では、実際検査を受けてみてどうだったのかをお伝えします。

福岡市はドライブスルーでPCR検査

ボク(@digimaga)が相談した福岡市では、ドライブスルーでのPCR検査を実施していました。

指定された時間に指定場所に行くと係の人が待っており、そのまま検査場所まで車で移動。

「接触確認アプリ『COCOA』の接触通知画面を見せて」と言われましたが、ボクはバグで表示されない問題のため接触のログ記録の方を見せてokとなりました。

そして運転席の窓ガラスを開けて、車に乗ったままPCR検査が行われました。

PCR検査はインフルエンザの検査と一緒で、鼻の穴に細長い綿棒を突っ込まれたあとグリグリされます。

検査自体はすぐにおわりましたが、久しぶりに綿棒を突っ込まれて地獄のような30秒間でした。

結果は2日後に保健所から

PCR検査の結果は、2日後に保健所から電話で連絡があるとのことです。

福岡市の新型コロナウイルス感染症相談ダイヤル(帰国者・接触者相談センター)に電話したときは「早ければ連絡は翌日の夕方」と言っていたため、症状が重かったり、陽性だったりした場合は連絡が早いのかもしれません。

PCR検査の結果がわかれば、またお伝えします。

※ドライブスルー検査場は撮影禁止のため、文章のみでお伝えしています。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ ・販売元: Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: メディカル
・容量: 148.3 MB
・バージョン: 1.1.2
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2020 Ministry of Health, Labour and Welfare.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!